文字を書く人、読む人なら一度は使ったことがあると思われる「付箋(ポスト・イット)」。

「貼ってはがせて、また貼れる」←こんなキャッチだったかしら?

必要なことをメモしたり、目立たせたり、長い期間だけでなく今ちょこっと、にも対応できる優れものです。

 

付箋(ポスト・イット)といえば、パステルカラーで紙の素材の物が主流でしたが、今や色や素材、形など、さまざまなバリエーションがあるので、好きなデザインを選ぶことができますね♪

私も仕事柄、付箋(ポスト・イット)のヘビーユーザーです。

今も愛用の文具入れの中には、しっかりと付箋(ポスト・イット)が陣取っています(笑)。

今私が使用している付箋(ポスト・イット)はこちら。

紙、フィルム、デザイン付箋から、色もパステル、ネオンなどさまざまですが、用途に応じて使い分けられるのが魅力です。

 

色々な種類を試した結果、その中でもフィルム素材の細身タイプでネオン色が、一番私のニーズに合っているようです。

一番使用頻度の高い付箋(ポスト・イット)がこちらのネオンカラーのもの。

・小さく細身ですが、フィルム素材なので、ヨレない
・ネオンカラーだから、細身でも存在感がある

場所を取らないので、マーカー代わりにスケジュール帳に貼ったり、本や雑誌を読む時の栞代わりにも。

・小さく目立たないのに、存在感あり
・貼ってはがせるから、貼るもの自体も傷つけることがない
・粘着力が強すぎず弱すぎず、適度

ほんと万能です。

こちらの付箋のお気に入りポイントは、付箋(ポスト・イット)本体だけでなく台紙にもあります。

それがこちら。

プラスチックの台紙に余白がとってあり、それが折れ曲がっているところ。

愛用の文具ボックスに掛けて使うことができるので、いちいちポケットからとり出さなくでもササッと取ることができるのです。

これは私のこだわりなのですが、5色あるので、こんな風に曜日ごとに色を決めて、使用しています。

原稿ごとに納品日が違うライターならではの使用方法ではありますが、色別に曜日が決まっているので、ファイルに貼っていると、何曜日に原稿を納品すればいいのかひと目でわかります。

仕事の取引先ごとに色分けしたり、お子さまごとに分けて行事などを色分けしたりするのもありですね。

私は細身・フィルム・ネオンを愛用していますが、皆さんのお気に入りの付箋はありますか? いろいろ使って、一番使いやすいものを探してみるのも楽しいですよ。