文具は好きだけどシャーペンには全くこだわりなし。
100円シャーペンでも今までは全く問題なかったのですが、ついに出会ってしまいました。

その名も、クルトガアドバンス。
だって、キャッチコピーが「キレイな文字が書ける。」ですよ。
きれいな文字が書けると言われたら、女子なら誰でも惹かれちゃいますよね。
速攻購入です。(笑)

ネーミングに惹かれ買ってしまったシャーペン。どんな商品なのか調べてみてわかったことは、

・以前からある三菱鉛筆のクルトガの進化系
・意外とファンが多く進化系であるアドバンスを皆心待ちにしていた
・パートナーにしたいほど上質な仕上がりを追求したボディデザイン

だということ。そんなに皆さんがおすすめなら。と早速使ってみました。

画像元:三菱鉛筆株式会社のプレスリリース

私のチョイスした色は、2018年3月14日から数量限定で発売されている「シャンパンゴールド」。

落ち着いた印象と高級感があるので、打ち合わせや会議で使っても違和感ないカラーです。確かにボディの質がよいと感じました。

しかもtwitterなどを見ると、シャンパンゴールドカラーを狙っている人が意外と多いらしいのです。(購入できてラッキー)

書き味は、

あくまで私の主感ですが、芯が柔らかい?

紙との摩擦面に少しあそびがある感じで、長時間書いても安定感があり、手に負担がかからず筆記圧を和らげてくれる印象です。

 

そんな人気のクルトガアドバンスの特徴は?というと、

特徴1・芯が回転する

芯が回転しないシャープペンシルだと、芯先が「編減り」するため、均一な描線を描くことができませんが、クルトガは芯が回転するため、濃さも太さもずっと変わらなく書くことができる。

シャーペンを使っていると、書いているうちに芯の片方だけが削れてしまうので、自分でシャーペン自体をくるくる回しながら文字の太さを安定させなければいけない。それが常識だったような…。

それを自動でやってくれるなんて、この発想素晴らしい!しかも体感的には、芯が回っている感じは全くなく違和感もありません。

ペン先の振動が抑制

スタンダードなクルトガでは、芯が回転することにより上下振動が起こっていましたたが、パーツを金属変えることで筆記感が安定した。

これが私の感じる「柔らかい」という感触なのかもしれません。
実は、シャーペーンの内部で精密な動きをしているんですね。企画して形にした人を尊敬してしまいます。とにかく、文字を書くことの多いライターにとって長時間疲れずに書けるシャーペン、クルトガは、私にとって「神」です。

芯折れ防止機能を搭載

使わないときには、芯先も本体部分に収納でき、芯が出ていない状態でもとがったまま書くことができる。ノックして芯をくり出してもずっと芯を守り続けるので、筆記途中に芯が折れない。

書く時の紙の滑りも良い感じがします。途中で芯が折れた時のあのショック、もう二度と感じなくてもいいなんて嬉しい限りです。

最近の取材では、もっぱらポールペン。特に「消せる」機能を重視したフリクションを愛用、書き心地は二の次にしていました。
でも、このクルトガアドバンスのシャーペンなら、キレイに書けるし、手に負担もかからない。しかも高級感のあるボディだから、仕事のパートナーとしては最高です。
ワタシ的、今年の一押し文具に決定ですね。