桜の季節もあっという間に過ぎ、ゴールデンウィーク。
そして、、。
間もなくジューンブライドですね。

〜ジューンブライドとは〜

欧米では6月に結婚すると幸せになれるといわれており、日本でも数十年前から取り入れられるようになった。その由来には様々な説がある。一つは結婚をつかさどる女神である、ギリシャ神話のヘラ(ローマ名はユノ、英語名ではJuno)が、6月を守護しているからというもの。ヘラは主神ゼウスの妻で、家庭・女性・子どもの守護神。英語のJune(6月)は、ヘラが6月を守護しているゆえの命名であり、ヘラの祭礼も6月1日に行われていた。そのため、6月に結婚式をするとヘラの加護で幸せになれるといういわれがある。
もう一つは、ヨーロッパでは気候が良いからというもの。6月は、長い冬が明けて花が咲き始める時季で、世間一般に開放的で明るいムードが漂う。雨が少なく気候も安定しており、復活祭など各地で祭事が行われることも多いため、相乗効果でより祝福のムードが盛り上がる。
このほか、その昔ヨーロッパでは3~5月には農作業で多忙なため結婚が禁じられており、6月に挙式する人が多かったから広まったという説もある。

引用:コトバンク

 

最近では日本でも「6月に結婚すると幸せになれる」ヨーロッパのジューンブライドが浸透し始めています。

先日ジューンブライドに先駆けて、結婚式に出席する機会をいただきました。

ピンクとティファニーブルーが好きだという花嫁さん。

ブーケにはしっかりと好きな色が入っていますね♪  可愛い。

 

そんなお二人の結婚祝にと考えているのが国内限定1500本という限定品!

ペリカン 万年筆 スーベレーン M600 ターコイズホワイト

【限定品】ペリカン 万年筆 スーベレーン M600 ターコイズホワイト <特別生産品>

ティファニーブルーが好きだという花嫁さんにピッタリの万年筆で、女性らしい逸品です。

これは、スーベレーンシリーズの中でも重心・重さ・長さなどが絶妙に保たれた設計なので、見た目と機能性どちらにおいても一生使っていただける万年筆。

二人の新婚生活と共にずっと側において使ってほしいと思い決めました。

ちなみに、今回の結婚式では、両親への感謝の言葉を綴った封筒にはこちらを使用されたようです。

マルアイ 感謝レターセット 桂 由美

愛と感謝を12本のバラに託した「ダーズンローズ」をコンセプトに作られたエレガントなデザインの便箋。

マルアイ 感謝レターセット 桂 由美

一筆館にもウェデイングステーショナリーコーナーがあり、感謝レターには他にもリアンジュエリアンリエールといったものがあります。

娘からの手紙をこんな素敵な便箋でもらったら、たぶん一生大事にし続けるだろうなと。

(今年高校を卒業した娘にも、結婚式はこんな素敵な封筒使ってね♪と見せておきました)。

 

「結婚式」。

私にとっては、一生に一度の女性の晴れ舞台だと思っています。

身内でのささやかな式で済ませてしまい、封筒にまで気を配ることなんて全くできなかった20代の頃の結婚式。今となってはしっかりやっておけばよかったと少し後悔も。

だからこそ、娘が結婚するときにはこんな素敵なウェディング文具を使ってほしいな、と遠い未来の娘の結婚式をいまから夢見ています(笑)