先日アメリカ旅行に行ってきました。
こちらは、私がアメリカに行った時に必ず立ち寄るお店、「バーンズ・アンド・ノーブル(Barnes & Noble, Inc.)」。

「バーンズ・アンド・ノーブル(Barnes & Noble, Inc.)」はアメリカ合衆国で最大の書店チェーン&専門小売店です。中でも、今回訪れた「バーンズ・アンド・ノーブル」はNYのタイムズスクエアの近くにある大型店の1つです。

こちらの店舗は、書籍のほか文具も充実していて、季節の特集やブランドコーナーがあるのが特徴です。入口を入ると、まず書籍ゾーン。

天井が高く開放感のある空間が広がっているので、ゆっくりと本を探すことができ気持ちが良いですね。奥に進むと雑貨ゾーンになります。2月はバレンタインmonthということもあり、ハートにちなんだ雑貨や本、ノートなど並べられています。


※イベントが終了して月末までは同じ飾りつけのようです。特にクリスマスなどは年が明けてもクリスマスツリーが飾られているのは普通ですよ^^。

こちらのテーブルには「LOVE」や「ハート」に関連するものがたくさん並べられています。

こちらは、ハートのブックエンド。

雑多になりがちな本棚も、こんなインパクトのあるハートがポイントにあればお洒落に見えそうです。横の棚には、ハートのケースやピンクのボックスのコーナーが。

一年のうちで一番ハートやピンクに関する小物が充実する月でもあるので、ハートのモチーフが好きな方はこの機会にまとめ買っておくのもいいですね。

ブランドの文具があるのも魅力の1つです。

今回は「Kate spade」。
大人っぽいけどキュートな面もある、女性のココロをくすぐるブランドです。なかなか、文具系の商品は店舗にいっても見かけないので、ファンにとっては嬉しいコーナーです。

こちらは、水彩鉛筆や画材用の鉛筆など、スケッチに必要な文具をまとめた「Artists’ Tool」コーナーです。

画材専門店にしかない商品なども置いてあるので、初心者には嬉しいコーナーですね。
他にもモレスキンの専用コーナーや、apple製品のアクセサリーも充実していました。

 

日本の文具店とはまた趣が違うので、何回通ってもその都度また来たくなる新鮮さが私にとっての「バーンズ・アンド・ノーブル(Barnes & Noble, Inc.)」の魅力です。
みなさんもアメリカに行ったときには、ぜひ訪れてみてください。