今年のスケジュール帳をつかいはじめてもう半年以上。

「軽い」「薄い」「シンプル」「月の一覧が見やすい」がポイントで使用していましたが、
・1日に予定が集中してしまうと「見づらい」
・予定に変更が生じた場合に「修正するスペースがない」。

  
だから、こんな風に、ぐちゃぐちゃに><。

そんなわけで、なかなか手書きのスケジュール帳は携帯しなくなり、もっぱらスマホのスケジュールに頼っておりました。

が、スマホのスケジュール帳はたまに“日程にずれが生じる”。

皆さんはこの現象ありませんか?

私の入力ミス??
何かの拍子でご操作?

原因はいまだわからないのですが、2.3ヶ月に1回、日にちや時間がずれていることがあります。

頻度は高くありませんが、仕事に関わる予定も多いため、予定のダブルチェックの意味も含めて、手書きのスケジュール帳を持つことは私にとって必須となっています。

だからこそ、“自分が使いやすいものが欲しい”と思い、
今回は、ノートと付箋を使用して、自分の好きなレイアウトでスケジュール帳を作ってみました。

<用意するもの>
・インデックス付箋紙(無印良品)
・フリースケジュール付箋紙(無印良品)
・ノート(B5版)

 

フリースケジュール付箋紙は、1週間が1枚になっています。
だから、もちろんこんな風に4枚並べて普通のスケジュール帳っぽいものを簡単に作成できます(便利〜)。

でも、このレイアウトだと以前使用していたものと同じものになってしまうので、私の使い方はこちら。

ノートの左側にフリースケジュール付箋紙を縦に張り、横に詳細を書くスペースを確保。

これはB5版のノートを使用していますが、余白がたくさん必要な場合には、A4版のノートを使用してもいいですし、自分にあった大きさを使用できるのが魅力です。

付箋はインデックス付箋紙を使用しています。


上:フリースケジュール付箋紙
下:インデックス付箋紙

サイズが小さいのはもちろんですが、全面に糊がついているので、剥がれる心配がありません。付箋自体を持ち歩く際にも、糊がついていない部分がないので、ぺらぺらめくれず、きちんと収納袋やペンケースにおさまるところも魅力ですね。
付箋は色分けして、必要に応じて貼ればいいし、なによりフリースペースがたくさんあるので、見やすい配置にできるので、重宝しています。

「スケジュール帳を買ったから、使いづらくても1年は使わなきゃ」と今まで我慢して使用していましたが、
ストレスが掛かるくらいなら、「新しいスケジュール帳を自分で作っちゃえ!」という選択をしてから、

今までの「見づらい」「修正するスペースがない」のデメリットもすべて解消され、スケジュール帳として、また、本来のノートとしても活用できるので大満足です。(シンプルすぎて女性らしくないのがちょっと気になりますが。。)

「可愛い手帳」もいいけれど、“使いやすい”といった意味で、シンプルで自分用にアレンジされたスケジュール帳もいいものですよ♪