“紙”でイメージするのは、ノートやメモ帳などの文房具ではありませんか?

文房具は機能的な上に、使うタイミングやポイントをちょっと変えてみると「はっと」と思わせることのできる道具にもなります。

今回は、使うだけで「女子力あるな〜」と思わせる、紙製品3選をご紹介します。

その3つはこちら。

  • ぽち袋
  • はがき&メッセージカード
  • 懐紙

 

ポチ袋は何かと役に立ちます。

久しぶりにあった友達に子供が生まれていた時、友人の子供の進学や、試験に合格していたと急に知った時など、ポチ袋にさっとお金をいれて渡せるのがいいところ。きちんと感もでるし、その場ですぐにできるというのがポイントです。

その他にも ちょっとした会費を渡す時にポチ袋に入れるだけできちんとした印象になるし、借りていた少額のお金を返すときなど、ポチ袋に入れるだけで感謝の気持ちを伝えることができますね。

お金を生のままで渡すよりは、袋にいれて、名前を書きヒトコト添えるだけで、きちん感がでるのでおすすめです。

 

はがきやメッセージカードなどは、忘れないうちにメッセージを書くことができます。

旅行に行った際には、お世話になった旅館には帰りの電車や飛行機の中でお礼状を書き、感謝の気持ちを忘れずに伝えることにしています(後にすると忘れてしまうからでもありますが><)

ちょっと変わった絵はがきで、もらった時にインパクトがあり頭に残るようなものを利用するのが私のポイントです^^

はがきの画像

メッセージカードは、無料でガイドをしてくださる現地の観光協会の方に、別れ際にヒトコト添えてお渡しするようにしています。年配の方が多いのですが、その知識と元気の良さにこちらもパワーを貰うことがしばしば。

感謝の言葉を伝えるタイミングがない時も多いので、帰り際にささっと渡したり、観光協会の方に渡してもらったり。きちんと感がでるメッセージカードやはがきをもっていると直接お礼を言えなかった時も文字でお伝えすることができるので、持っていると安心する紙製品の一つです。

 懐紙は万能紙です

どこにでも売っていあるわけではありませんが、意外と使えて、「女子力ある〜」と騙せちゃう(笑)“力”のある紙商品です。

お菓子をもらった時に、小分けにして渡せたり、手に持つとベタつきそうなものをのせて渡すこともできます。

懐紙のg阿蔵

紙なのでもちろんメモ帳代わりにも使えますが、折ってぽち袋の代用としても使用することができます。

ぽち袋

ちなみに、私が持ち歩いているポーチの中にはしっかりとこの3つ、入っていますよ^^。

持ち歩きで注意する点は、形が崩れないようにすることと、取り出しやすいこと。私は、中身が見える厚手のクリアポーチを使用しています。

ポーチの画像  クリアポーチの中の画像

特にぽち袋は年齢に分けて使い分けられるように、年上の方にも使用できるきちんと感がでるものから、小さい子供向けのものまで数種類愛用。封を閉じるシールも必須アイテムです。

ぽち袋

小さい子どもには図書カード、中高校生にはスタバカードを送ったりするので、財布の中には未使用の図書カードとスタバカードも常備していますね。

これはお世話になっている人にはすぐに気持ちをお伝えしたいから。

進学や合格などのおめでたいことは、自慢しているようでわざわざ他の人には伝えないことが多いですよね。

聞いたときにはすぐに「おめでとう」と言葉で伝えたいし、お心遣いも渡しできれば最高ですね。

紙なので軽いしかさばらない。しかもいざという時にとっても頼りになる紙製品。婚活中のみなさんも、女子力をさり気なくアピールするためにバックの中に忍ばせてみてはいかがですか♪