今年も桜の季節になりました。今の時期は、外も中も桜が満開。吹き抜けのロビーにも、天井にも届くかと思うほどの大ぶりの桜の生け花が飾られています。

桜好きの私にとっては、このピンクの花びらを目にするとなんだか幸せな気持ちになるんですよね。風に舞う花びらを見ながら、年に一度のこの大好きな光景を楽しんでいます。


話はそれましたが、今日は藤原紀香さんご愛用という神戸派商店の文房具のご紹介です。

こちらの文具は、文具オタクをうならせる文具と言われており、ノートも手帳も封筒も便箋も、使えば誰もがなるほど〜と思わずうなってしまう文具らしいのです。
早速チェックしてみました。

 2015日本文具大賞 機能部門 グランプリ受賞商品

インク漏れに悩む万年筆ユーザーに向けて開発されたクリーニング紙です。


(画像元:神戸派商店

インクを吸い取らせ、乾燥を早めるために吸収紙が使用。また、ペン先の形状にフィットするように、スリット・切り抜き・折り目がほどこされているなんとも気が利いた商品です。24×48mmという小さな紙片にもかかわらず、インクが手につくことなくスマートに拭き取ることができるようです。


(画像元:神戸派商店

万年筆もボールペンもそうですが、ペン先にちょっとした汚れが付いた時、拭くものといえばティッシュか不要用紙。スマートではないしストレスもありましたが、これなら省スペースで効率的に汚れを解消できる。

まさに「なるほど〜」と思わせる商品です。

  2012年にグッドデザイン賞を受賞した「折るチェックメモ」

買い物用に考案された商品。買い物が終了したらとんがりタブを折り曲げて処理済みとわかるようになっています。


(画像元:神戸派商店

スマホのメモ機能は使わず、メモ帳に書いてお買い物に行く方なら、「これ便利〜」思ってしまうはず。たまに私もメモ書きで買い物に行くのですが、カゴに入れたものは、いちいちペンを出して斜線を引くため、意外と手間がかかるのです。これなら、ポキっと折るだけ! 実に簡単で機能的です^^


(画像元:神戸派商店

 オフィス用には、「Tag Schedule」

デザイン会社が作ったという機能的で洗練されたスケジュール付箋です。


(画像元:神戸派商店

アナログ派もデジタル派も、「直近1週間の予定が手軽にわかりやすく確認できたら」と思う人は多いはず。そんな方に向けた、どんなシーンでも使い方を自分で決められる貼り付けられるフリーのスケジュール付箋です。


(画像元:神戸派商店

パソコンにはってもよし、週ごとの家計簿にするもよし、ストック食材を書いて冷蔵庫に張るもよし。仕事とプライベートのスケジュールを別々に管理することができるし、そのままノートに貼ってストックすることも可能です。

たかが文具、されど文具。

手元に置くなら「一番使えて一番楽しめる」文具をチョイスしたいですね。