%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%a1%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88
ツバメノートHP より

私がツバメノートの存在を知ったのは社会人になってからでした。
仕事場で連絡ノートとして渡されたノートの一冊でしたが、

「なんて書きやすいんだろう」
「なんだか今まで使っていたノートと違う。」

と直感的に感じたのを覚えています。

調べてみると、普通のノートとツバメノートとの大きな違いがありました。それは紙の質です。

 

1万年以上も保存がきく中性紙フールス紙

使っている紙は、自然環境に優しいとされているフールス紙。
丹念に手間暇かけて抄かれたフールス紙の品質は最高級とされていて、書きやすく、にじまず、ツルツルしすぎず、かといってザラザラもしていません。

 

万年筆との相性も抜群

万年筆で書いてみると、ペン先が適度ななめらかさで、スーッと紙の上を滑っていきます。インクのにじみは全くないのに、心地よいほど紙にインクが吸われる。かといって、裏に透けるということは一切なし。不思議ですよね。

高品質の紙というのは、厚さと吸収率のバランスがとてもいいようです。もちろん、ボールペンや鉛筆での書きやすさも想像以上の滑りです。

 

コンランショップや黒澤明監督も愛用

創業時から変わることなく、本物、良いものの追求をしてできた、今や日本のクラシカルノートの象徴とも言えるツバメノート。
製品自体は昔ながらの糸綴じで丈夫に作られており、透かしてみると、しっかりと高級紙のマークとされるフールスマークも入っています。

その高い品質に惹かれて、黒澤明監督が愛用されていたり、海外のコンランショップで販売されているのもうなずけます。

 

ツバメノートの魅力

愛らしいツバメのマークは70年近くたった今でも変わることなく使用されていて、長い年月を経た今では、その落ち着きと重厚感のある高いデザインが、多くの方に支持を受けています。

%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%a1%e3%81%ae%e3%83%ad%e3%82%b4

最近では、コラボ商品も多数あり、中には私の好きなリラックマとのコラボまでありました。

 

リラックマとのコラボ

(リラックマ好きの私としてはたまりません♪ 子供っぽくなりがちなリラックマが、こんなシックなノートにちょこんと入り込んでいます^^。密かにテンションが上がる商品です。)

%e3%83%aa%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%9e
https://www.instagram.com/p/BDIxM9mjd6f/

天才バカボンとのコラボ

(昔から愛されているキャラクターですね。)

%e3%83%90%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%83%b3
ツバメノートHP より

ムーミンとのコラボ

(花輪の中にムーミンが! これはかわいいー)

%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%b3
ツバメノートHP より

たかがノート。されどノート。

質やデザイン、そして変わらないこだわりを貫き通しながらも、みんなを楽しませるチャレンジ精神を持ち続ける。これが、愛用者が多い秘密なのかもしれませんね。

入学祝いや誕生日プレゼント。気取らないちょっとした贈り物に「ツバメノート」をお贈りしてみてはいかがですか♪ 製品の良さに、きっと喜んでいただけるはずです。