一筆館スタッフ 塩本

今回は私が日頃愛用しているパイロットの「キャップレス・デシモ」をご紹介します。

万年筆のことなんて全く知らない私が一筆館のスタッフとして働き始め、
パーカーやペリカンなど仕事でたくさんの万年筆に触れ合い、知識が増えれば増えるほど、
そろそろ自分の万年筆が欲しいな、と思いました。

せっかく万年筆を使うなら、仕事でもプライベートでも日常で使える物が欲しい…。
ペン先は細めで、手帳にも使える物。でも初めて購入する万年筆だし、日常で使うなら乱雑に扱って
壊れてもいいように安めのものにしよう!
そんな色々な欲望を持った私が手を出したのは、低価格なのに本格的な万年筆の書き味が味わえる
OTHO(オート)の「ポッシュ」。 細身で持ちやすく、通常の万年筆よりコンパクトだから
持ち運びにも便利。何よりスワロフスキーが光って、デザインが可愛い!

column_160629-1_img

見事に挫折しました…。
というのも「キャップを外して書く」ということが想像以上に面倒くさかったのです。
ペンを持って、キャップを外す。キャップを外すためには必ず両手を使わなければならない。
こんな簡単なことですが、日常で使うための“手軽さ”がない。

おまけにキャップをなくさないようにペン軸の尻にキャップをはめると、キャップの重みにより後ろ側に
重心がきます。普段は安価で軽量なボールペンやシャープペンに慣れている私にとって、その重みは筆記のバランスが保てず、ただでさえ綺麗とは言えない文字があっちにフラフラこっちにフラフラ、よりミミズが這ったような文字に…。

column_160629-2_img

万年筆はインクの補充や、お手入れに手間暇がかかる筆記具です。その手間暇は覚悟していましたし、
むしろそこが魅力だと思っていましたが、キャップの重みは想定外でした…。

そこで目をつけたのが、名前の通りキャップがないノック式の万年筆「キャップレス」。
普段使うシャープペンやボールペンのように、カチッとノックするだけで書き出すことができます。

column_160629-3_img

もちろん、キャップを外す必要がないので、両手を使わず片手で扱えます!
片手に電話を持っていても、片手でカチッと書き出せる!
片手に本を持っていても、片手でカチッと書き出せる!!
片手におにぎりを持っていても、片手でカチッと書き出せる!!!
書き終わった後もキャップがないから両手を使わず、片手でカチッと収納完了。
なんて爽快なことでしょう!

column_160629-4_img

特に「キャップレス・デシモ」は通常のキャップレスよりも細身に作られており、持ち手部分にくる
クリップの重さにより、前の方に重心がかかり自然と手になじみやすく女性でも書きやすい。
カラーリングもパール調のバイオレットで可愛い!!
私はもうキャップレスの魅力にメロメロ。流石パイロットのロングセラー商品!
お値段が初心者としてはちょっと高めなところも、使わなきゃ!と思わせる要因になりました。(笑)

こうして片手の自由を得た私は、日常生活に見事「万年筆」という新たなアイテムを取り入れることができたのでした。今ではインクを楽しむ余裕ができ、ブラックでもブルーでもない、ちょっと変わってるけど
奇抜過ぎない大人のブラウンカラーを楽しんでいます♪

column_160629-5_img

また挫折したオートの万年筆ですが、日常で万年筆に使うことに慣れたおかげで、
現在は時間があるプライベート時の特別なペンとして活躍しています(^^)
万年筆生活に躓いた方、万年筆を日常で楽しみたい方に是非おすすめです!

column_160629-6_img