みなさんは「300円の筆記具」と聞くとどんなイメージですか?
ペンならお手頃といった感じでしょうか?
100円台のペンよりデザインがおしゃれになりますよね。
しかも頑丈だから遠慮なくガシガシと使えます。
インクがなくなっても捨てずに、替え芯を買って使い続けたくなるような、
愛着も湧いてくるかもしれません。

そう、「300円の筆記具」はコスパが最強なのです。
今回はそんな「300円の筆記具」を3本紹介します。
しかも秋に使いたくなるカラーで選んでみました。

アクロ300

最初は、パイロットの「アクロ300」。税抜300円です。

なめらかな筆記が特長の「アクロインキ」を採用した油性ボールペンです。
0.5㎜の極細です。
アクロインキは書き出しが良く、軽い力でしっかり書けます。

ボディカラーもかわいいですよね。私が持っているのはラベンダー。
少し大人な雰囲気で、しっとりした色味は秋にもぴったりなのではないでしょうか?
そのほか、クリアブラック、クリアレッド、クリアブルー、ホワイト、ソフトピンク、ソフトブルー、ブルーがあります。

また、筆記の際に握る下部を細くせず、太めになっているため、握りやすく安定した筆記ができます。
コロンとしたフォルムもかわいいですよね。

フォルティア300

次は、ゼブラの「フォルティア300」です。こちらも税抜300円。
こちらもノック式の油性ボールペン。0.7㎜です。

「これが300円?」と言いたくなるような高級感があります。
メタリックカラーで、黒、青、緑、銀、ワインの5色展開です。
私はワインカラーに。深めの赤色がシックで秋冬ファッションに合いそうです。

ボディの中心部には小さいロゴが。ペンクリップと同じ色味のロゴなので、雰囲気を壊さず、一体感があります。
ノックは少し重めで、しっかりを押し込む感覚があるので、「カチッ」という音が気分の切り替えにも役立ちそうです。

エトランジェ ディ コスタリカ SOLID2

最後に紹介するのは、シャープペンです。
「エトランジェ ディ コスタリカ」の「SOLID2」です。
こちらは税抜380円です。税込だと400円超えてしまいますが…
シンプルなボディながら、色合いがかわいい人気のシャーペンです。
芯は0.5㎜です。

12色展開です。
私はイエローをセレクト。
イエローとはいえ、ややオレンジ寄りの、柿の色のようなカラーです。
先端を紙面にプッシュすると芯が出る「クラッシュスライド」を採用しています。

写真ではちょっとわかりにくいですが、「ETRANGER」と文字が入っていておしゃれです。


いかがだったでしょうか?
300円台の筆記具は背伸びせず、気軽にファッション気分で楽しむことができます。
ぜひお気に入りの1本を見つけてみてください!