マスキングテープをついつい買い集めてしまうという方、多いのではないでしょうか?

私もそんなひとりです。マスキングテープも沼ですよね…

そんなマスキングテープファンにはたまらないマスキングテープの祭典「マスキングテープジャンボリー」が9月19~21日、東京駅そばのKITTEで開催されました。

これは行くしかない!ということで、私も取材へ行ってきました。


私は初日の昼過ぎに到着したのですが、会場は大混雑!!

お客さんたちがかごに次々とマスキングテープを入れていきます。熱気に圧倒されてしまいます。

開場を待つ行列ができたほど!

主催したエムディーエスによると、私が取材した時間はこれでも比較的落ち着いていたとのこと。

10時のオープン前には、開場を待つお客さんが行列を作るほどだったそうです。

マスキングテープは、気軽に身の回りのものをデコレーションできるということで、女性を中心に人気の文具となっています。

花柄や動物柄など、さまざまなデザインのテープが発売されていて、自分で日常的に使うだけでなく、友人同士で交換したり、限定柄をコレクションしたりと、楽しみ方も広がっています。

昨年末に開催された「文具女子博」でもマスキングテープは大人気。

さらにもっと多くの方にマスキングテープを楽しんでもらおうと、今回のイベントは企画されました。

6つのメーカーが出展

今回のイベントには、ROUND TOP 、シール堂、BGM、WORLD CRAFT、 PINE BOOK、パピアプラッツの6社が出展しました。

会場では、各メーカーの限定品や新製品の先行発売もあり、お客さんはひとつひとつ手に取って吟味していました。

ここまでずらりとテープが並んでいると圧巻です。

どの柄にしようか迷ってしまいますね…

オリジナルテープ販売やWSもありました

このイベントオリジナルのマスキングテープの販売もありました!

ワークショップも開催。こちらでは、オリジナルリングメモを作り、マスキングテープを使ってデコレーションを体験できました。家族連れなどがチャレンジしていました。


取材で行ったはずの私も、気づけばかごを持って会場を3周していました…(笑)

このイベントと同じ会場で、今年も12月に開催される「文具女子博」のプレイベントとして、「文具女子博予習編」が10月5日(金)~10月6日(土)に企画されています。

入場無料ですので、こちらもチェックしてみてくださいね!