文具好きのみなさん、文具のイベントに行かれたことはありますか?

文具店が店内で実施するイベントや文具メーカーが開くワークショップなどはよくありますよね。

でも、さまざまなメーカーやお店が一堂に会するユーザー向けイベントって実は少ないって、ご存知でしたか?

そんな中、ついに文具好き待望の!たくさんの文具に見て触れてその場で購入できるというイベント「文具女子博」が開催されました。

私も業界誌のライターとしてイベント前日に実施された内覧会に行ってきました!


文具女子博は、12月15~17日の3日間、東京・平和島の東京流津センターで開催されました。文具メーカーや小売店など約80社が出展。〝文具女子”と女子をターゲットにしていますが、男性の入場もOKのイベントです。

ロフトと東急ハンズのブースもまさかのすぐ近く!

内覧会には、多くのマスコミが取材に来ていて、注目度の高さをうかがせました。会場には、各出展社がブースを設け、女子が好む可愛らしい文具やデザイン性の高い雑貨などを販売。限定商品の販売やワークショップなどの企画も目白押しです

文具女子博オリジナルアイテムは期間中大人気だったようです。

筆ペンで有名な「呉竹」ブースでは、オリジナルの筆ペンタイプの蛍光ペンを作る体験コーナーがありました。ボディ、インク(5色)、尾栓を選んで、好みのペンを作成。私は☆柄のボディに黄色のインク、黄色の尾栓にしていただきました。

そして、文具女子といえば、やっぱりマスキングテープ!

↓こちらは、マステが入った箱からくじを引き、色付きのマステ(当たり)が出たらマステがもらえる!私はもちろんはずれ!はずれの方は専用の台紙に好きなマステを貼って持ち帰ることができます。

メーカーブースでも、これでもか!というほどマステが並んでいました。

そして、私の心を最もときめかせたのは、こちら!サクラクレパス色の時計です!クレパスをイメージしたさまざまな色の時計がずらり。税抜4600円という価格も魅力で、そろえてしまいたくなります!

 


日程が合わず、会期中は会場に行けなかったのですが、それはそれは3日間おおにぎわいだったようです。

ぺパラブルも出展されていたのですが、写真を撮り忘れてしまいました…。

次回開催はまだ未定とのことですが、ぜひ定期イベントとして根付いてほしいものです。