文具店にいくとさまざまなふせんが並んでいます。以前もふせんのご紹介をしましたが、今回は、ちょっと変わった‟ちぎれるふせん‟をご紹介します。とっても便利なんですよ。

それは、液状のり「アラビックヤマト」で有名なヤマトの「CHIGIRU(ちぎる)」です。

 

0409_column_01
左がイエロー・チェック/グリーン、右がグリーン・レース/サーモン

 

ふせんが、板に巻き付けられている形です。伸ばすと1.5mもの長さになります。

 

0409_column_02
幅50mm × 1.5m

 

5mm方眼のミシン目が入っていて、使う場所や用途に合わせてカットして使います。ちぎって使うので、「CHIGIRU」!!

 

0409_column_03
5mmの方眼のミシン目に合わせて、好きなサイズでちぎります

 

ハサミやカッターを使わずに、手でピリピリっと切ることができます。

全面のりのタイプなので、手帳などに貼ってもペラペラとはがれることがありません。適度な粘着力で、はがす際もきれいに取れてベタベタしません。

また、手のひらにすっぽりと収まるサイズなので、持ち運びにも便利。

 

0409_column_04
サッと書いてサッとちぎってサッと貼る

 

固めの板に巻き付けてあるため、手に持ったまま書き込むことができます。

フィルムふせんなので、水性やゲルのインクはインクが乾きにくく相性はよくないのですが、油性ボールペンや鉛筆(シャープペンシル)ならきれいに書き込めます。私はジェットストリーム プライムで書きました。

早速、私も手帳に貼ってみました。確定していない予定やタスクなどを書き出しておくのに便利です。

 

0409_column_05
手帳のスペースに合わせて、ちぎって使います

 

枠のサイズや書く量に合わせて、サイズを調整できるので、手帳の限られたスペースも有効に使うことができます。

今回私が紹介したのは、キャンディカラーのシリーズ。白や青などベーシックな色もあるのですが、なんと、文具業界にも流行しているネオンカラーも4月から発売されています。

ネオンカラーは手帳に貼ってもアクセントになるので、さらに活躍しそうですね。


ピリピリとちぎる感覚もクセになりますよ。ぜひ使ってみてくださいね。