シャープペンでガシガシと書きものをしていたら、芯が・・・ポキッ!!

集中力が途切れてしまったという経験は、みなさんにもありますよね。ストレスなく筆記したいという思いに応えて、ゼブラが開発したのが、「デルガード」!

delguard_01

2014年発売の“どれだけ力を込めても折れないシャープペン”。発売以降累計1,000万本を売り上げたというヒット商品で、授業中や試験に使う学生に人気となっています。

あらゆる角度から強い筆圧を加えても、芯が折れないように、芯をしっかりと守る仕組みが搭載されています。

紙面に対し、垂直に強い筆圧が加わると、軸に内蔵されたスプリングが芯を上方向に逃し折れを防ぎます。

delguard_02

斜めに強い筆圧が加わると、先端の金属部品が自動で出てきて芯を包み込みガードします。

delguard_03

(※芯が出ていない状態から4回以上ノックすると折れる場合があります)

また、芯詰まりを防ぐ仕組みもあるので、芯詰まりの心配もありません。

芯が折れない仕組みについては、YouTubeのゼブラ公式チャンネルに分かりやすい動画がありますので、ぜひご覧ください。

 

 

そして今回、ぜひみなさんに見てもらいたいのは、デルガードを紹介する動画なのです。その名も「出川学園」!!

 

 

タレントの出川哲郎さんが、デルガードの特徴である“芯が折れない”に掛け合わせて、“折れない心”を伝えるために、学校の授業スタイルで紹介しているのです。

「リアルガチ授業」として、英語や体育など全9教科を出川学園長が体当たりで実演。各教科で待ち受ける難題に出川学園長が必死に取り組む様子に、笑いを通り越して、感動してしまいます。

デルガードは、「芯が折れない」だけでなく、「使う人の心も折れないように」と願って作られているのです。

私もよく心が折れるので、出川さんのように折れない心で、勉強や仕事に全力取り組みたいと思います。折れないデルガードと一緒に!みなさんもぜひ使ってみてください。本当に折れませんよ。