普段僕が万年筆画で使っているのが神戸派計画の「グラフィーロ」という万年筆専用紙で、インクの発色が良く、水筆で伸ばした時によく伸びる性質があり、とても描きやすい紙です。でも、文具好きなら世にある紙を色々試して見たい…味見してみたいと思ってしまう性をご理解いただけることでしょう。ええ、紙によって描き味はもちろん変わりますとも。紙自体の色、凹凸、滲み加減、ペン先から伝わる快楽も、発色も紙が変わればまるで違ってきます。

そこで今回はその第一弾として「クラフト紙」をご紹介。
クラフト紙は梱包用の紙としても使われているので、安価でどこでも手に入ります。それでいて、メモ帳などに使用するとそれだけで風合いのある、温かい質感がありますね。さて、そんなクラフト紙に万年筆で絵を描くとこんな楽しみ方があるのです。

ホワイトを使って紙面にアクセント

試しにクラフト紙とグラフィーロに色見本を作ってみました。

おわかりになるでしょうか。
クラフト紙は地の色がもともとあるので、インクをのせた時に少し色が沈みます。それはそれで味がありますが、どうしても画面が暗くなりがちなので、1色ホワイトを加えましょう。ホワイトは一般的な修正液でも良いのですが、三菱鉛筆の「uni-ball Signo」のホワイトがオススメです。細い線もくっきりと白がのってくれます。

絵を描いてみる

ラフなコーヒーカップを描いてみました。
いかがでしょう?ホワイトでちょっとした湯気と文字を入れるだけでお洒落な画面になりましたね。グラフィーロと比較すると、クラフト紙はあまりインクが伸びません。「水筆でインクを伸ばす」場合は「滲み」をつくって風合いを出すくらいのイメージでぼかします。

もう少し凝った絵を描いてみましょうか。
次はカフェやビストロなんかでよく見るチョーク画風の絵です。

クラフト紙は、地の色がもともと濃いので、ホワイトの線がとても映えます。
チョーク画の表現でよくみる「装飾」や「飾り文字」なんかを加えると一気に画面が華やかになります。

もちろん「白」を活かした雪の表現などは簡単にできてしまいますね。普段のメモを簡単にお洒落にできてしまいます。

「クラフト紙はインクが伸びにくい」性質がありますけれど、インクによってはキレイに伸びてくれるものもあります。例えば万年筆インクとしては定番の「ペリカン ロイヤルブルー」なんかはクラフト紙であっても水筆であってもトロトロに溶けてくれます。

紙の個性と色々なインクとの相性も、あわせて楽しんでみましょう。

インク

ペン

  • 三菱鉛筆 uni-ball Signo ホワイト 太字

  • 神戸派計画 INFOWOOD stationery