今回は私が普段使っているプラチナ萬年筆「#3776センチュリー」を紹介いたします。

#3776センチュリーは、パイロット「カスタム74」、セーラー「プロフィットスタンダード」とともに、1万円前後の普及価格帯のスタンダードな万年筆です。
各社のモデルともコストパフォーマンスが高く、初心者が最初に購入する金ペンとしても最適です。

最大の特徴は、プラチナ独自の「スリップシール機構」です。
他社と比べてキャップの密封度が高く、ペン先やインクの乾燥を防止することができます。
他社製品が半年から1年で乾燥してしまうのに対し、スリップシール機構を採用したプラチナ製品は約2年放置しても使うことができます。
(体感では、もっと長く放置しても問題ない気がします)

プラチナ萬年筆では、この機構を全ての万年筆に採用しています。
あのプレピーやプレジールにも、高級万年筆と同じ機構が採用されているとは驚きですね。

ペン軸は他の2本に比べて太くなっています。
サイズはモンブラン146と同じくらいで、1万円前後の万年筆とは信じられないほど高級感があります。
軸が太いとペンを握る力が少なくて済むので、長時間筆記しても疲れることがありません。

私はスタンダードな黒軸を選びましたが、透明軸をはじめとした多彩な色、富士五湖富士旬景などの多彩なシリーズを入手できるのも、この万年筆の魅力です。

限定品の仕様が独自になるメーカーが多い中、プラチナ萬年筆は3776センチュリーと同様です。
ベースとなる設計がしっかりしているため、#3776センチュリーのユーザーならば、限定品を購入しても、安心してお使いいただけます。

私の使っている#3776センチュリーは、14Kロジウムコートの金色のペン先になっています。
他社の同価格帯の万年筆と比べてもひとまわり大きなペン先で、非常に高級感があります。
ペン先に描かれた「3776」は、日本最高峰の富士山の標高を表し、それとともに富士山のシルエットが施されています。
富士山を意識することで、日本最高峰の万年筆を作りたいという、メーカーの意気込みが感じられます。

ペン先のスリットの奥に空いた穴は、「ハート穴」と呼ばれます。
その役割はペン芯に空気を送り込むことと、ペン先に弾力を与えることです。
その名の通り、もともと各社ともハート型の穴だったのですが、最近の多くのペン先は丸穴になっています。
しかし#3776センチュリーのハート穴は、伝統的なハートの形を守っています。

字幅は、超極細・極細・細字・細軟・中字・太字・極太から選ぶことができます。
私は太字が好きなので、極太を選びました。

前述通り#3776センチュリーは多彩な軸を選択できる上、これだけ多くの字幅があるため、複数のペンを入手してお気に入りの軸とペン先を組み合わせて使うこともできます。
これも#3776センチュリー各シリーズの設計が共通だからこそ可能なことです。
利用シーンや気分によって、使い分けてもいいですね。

ペン先は柔らかく、かつ必要な弾力があるため、筆記感は非常に滑らかです。
筆圧によって太さが微妙に変化するのも書いていて楽しく感じます。
私の極太はフワっとした独特の筆記感で、長時間筆記してもストレスがありません。
私はこの万年筆を校正用に使っているため、赤の染料インクを吸わせています。
(私が持つ筆記具で唯一茶色以外のインクを使っています)

唯一の欠点は、インクを大量に消費すること。
私はかつて、大量に筆記したため2日間でインクを使い切ったこともあります。
この事象は極太であることに起因しており、3776センチュリーの問題ではありません。

。。。
数年前、プラチナ萬年筆は公式Youtubeチャンネルで「万年筆で書くメッセージリレー」というシリーズ動画を公開しました。
この動画は、ユーザーが万年筆で手紙を書いて紙ヒコーキを折り、それを飛ばして次のユーザーにリレーするというものです。

とあるイベントで「この動画に出演したい」とプラチナ萬年筆の社長に直訴したところ、快諾いただきました。
ところが未だ、そのオファーがありません。

プラチナ萬年筆の皆さま。
私は毎日、紙ヒコーキの折り方を練習しながら、クビを長くして動画出演のオファーをお待ちしております。
( ̄▽ ̄)T