皆さま、明けましておめでとうございます。

昨年、エイ出版社から「文房具改造マニュアル」という本を出版させていただきました。
文房具の新しい可能性について紹介した本です。
是非皆さまにお手にとっていただけると幸いです。

。。。
今回は私が普段使っているセーラー万年筆のプロフィットスタンダードを紹介します。

セーラーのプロフィットスタンダードは、パイロット「カスタム74」プラチナ「#3776センチュリー」と並び、1万円前後の普及価格帯の万年筆です。
この価格帯の万年筆は入門編の1本として各社とも力を入れており、非常にコストパフォーマンスが高くなっているため消費者から見るとお買い得となっています。

セーラーの万年筆は、ペン先に24金メッキ加工が施されています。
このペンを購入するとき、同じセーラーのプロムナードと比較しました。
プロムナードは24金メッキを省くことにより、コストを下げたペンです。
並べて比較した結果、私は24金メッキ加工の高級感を選びました。
両者の書き味にはほとんど差がないと言われてますので、価格と好みでお好きな方を選べば良いと思います。

長さは134mm。
パイロットカスタム74、プラチナ#3776センチュリーと比較すると、プロフィットスタンダードは少し短くなっています。
パイロットカスタム74は、軸径があまり変わらず寸胴型になっていますが、プロフィットスタンダードは流線型の美しいフォルムで、握った手になじみやすい形をしています。

方式はカートリッジ/コンバーター両用式。
私はコンバーターを使って、大好きなペリカンブラウンを吸わせて使っています。

私がコンバーターを使う理由は、好きなインクを使える以外にもうひとつ、万年筆のペン先にインクが詰まりにくいとされているからです。
カートリッジの場合インクが流れるのはペン先に向かう片方向だけですが、コンバーターだとインクを吸い上げるためインクが両方向に流れるからです。

定期的にお手入れするならどちらでもあまり差はないので、気休め程度の違いだと思ってください。

ニブはB(太字)を選びました。
その理由は「太字のペンは字の汚さを隠してくれる」と私が信じているからです。

どうでしょう。
私の汚い字が「それなり」に味のある字に見えませんか?笑

。。。
24金メッキの美しさと普及価格帯を両立した、セーラープロフィットスタンダード。

プレピーやカクノで万年筆を始めた皆さま、「次の1本」にいかがでしょうか?

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
( ̄▽ ̄)T


ライタープロフィール

  • 小野忠
  • 小野忠 自称工作師

    子どもの頃から工作が好きで、現在は主に文具を工作している。 「ないものは自分で作る」「作り方は自分で考える」をモットーに、文具工作部隊「SKIP」という団体を主宰し、 不定期で「工作会議」を開催しワークショップを行っている。 さらに茶色が大好きで、日本茶色普及協会という団体を立上げ、茶色の普及に力を注ぐ。 文具キュレーションサイト「ブングスキー」にて、工作系コラムを執筆中。