今回は私が普段使っているパイロットの万年筆 カスタム74をご紹介いたします。

パイロットカスタム74は、セーラー「プロフィットスタンダード」、プラチナ「#3776センチュリー」とともに、1万円前後の普及価格帯のスタンダードなペンです。
各社のモデルともコストパフォーマンスが高く、万年筆初心者が最初に購入する金ペンとしても最適です。

私の使っているカスタム74は、14Kロジウムコートの銀色のペン先になっています。
万年筆好きの方ならお気づきだと思いますが、もともと黒軸のカスタム74についているペン先は金色です。
なぜ私のペンは銀色なのでしょうか?

実は万年筆好きの方が、「透明軸で金色のペン先を使いたい」と黒軸と透明軸の2本のカスタム74を購入し、黒軸についている金色のペン先を透明軸に付け替えて使っていました。

そこで私は「黒軸と銀色のペン先が余っているはずだ」と思い、所有者に「お気に入りの裏側、使っていないのなら譲ってください」とお願いしたところ、快諾いただき安く譲り受けることができました。
このペンはこうして私のもとにやってきたものです。

字幅は「M(中字)」普段使いにはちょうどいい太さです。
譲ってもらった当初、私には多少書きにくいペンだったのですが、ペンクリニックに持ち込んだ上、毎日のように書き続けた結果、私にとって手放せないペンになりました。

あるとき、OHTOの「[O]eau」という前軸が真鍮製、後軸がABS樹脂という「前重心設計」のペンを入手しました。
前重心のペンは、紙にペンが貼りつく感じでとても書きやすかったので、カスタム74を前重心に改造してみることにしました。

釣り具やで売っている「板おもり」。

これを、カートリッジと前軸のスキマに埋め込んで固定し「おもり」にするのです。

カスタム74はもともと軽いペンなので、重心が下がってペン先が紙に貼りついて、さらに書きやすくなりました。
このペンには日本茶色普及協会公認の「ペリカンブラウン」を吸わせて、毎日のように使っています。

工作という手段を使い、さらに使い勝手をよくすれば、使う喜びはさらに増します。

道具としてこの世に生まれた万年筆。
彼らにとって、毎日使ってあげることが最大の喜びなのではないでしょうか。

私はそう思います。
( ̄▽ ̄)T

(※文具の改造・取り扱いは自己責任でお願い致します。)