今日はエポックケミカルの「カラーバーレル」を紹介します。

このペンは、かつて流行ったロケット鉛筆のように、お好みの色ペン先や蛍光マーカーをつなげて自分だけのペンを作ることができます。
最近流行りのカスタマイズペンは、ボールペンのリフィルを入れ替えるものが多いのですが、サインペンをカスタマイズできるのは珍しいですね。

この商品は3種類のペンユニットと専用キャップがそれぞれ単品でバラ売り販売されています。
ペンユニットは、しっかり書ける1.0mm幅(細字)、細かく書ける0.5mm幅(極細)、さらに蛍光ペンの3種類があります。

色展開は、細字と極細が各11色、蛍光ペンが4色です。
したがって、細字11色+極細11色+蛍光4色、計26種類のペンユニットからお好きな書き味のペンを選ぶことができます。

値段は1本90円、お手頃価格なのがうれしいですね。

私が選んだのはもちろん「茶色」。
細字と極細と専用キャップを購入しました。

各ペンユニットには、それぞれの色を連想させるような文が印刷されています。
私の大好きな茶色の場合、「Just Baked 焼きたてアツアツ!」と書いてあります。

皆さまも店頭で自分の推し色の印刷を確認してみてください。

「つないで作る」という最大の特徴、私もやってみました。
個人差はあるかと思いますが私は3本だと長く、2本つなぐのがベストでした。

ペンユニットにもキャップがついているのでそのまま使えますが、専用キャップを購入することをお薦めします。
なぜならペンユニットの断面は丸いのですが、専用キャップはナットのように6角になっており、机の上に置いていても転がらないからです。

。。。
私は茶色好きでしかもオッサンなので、あまりカラフルなものを買って使う習慣がありません。

では、なぜこのペンを購入したのでしょうか。

なぜなら。。。

茶色の発色が素晴らしかったからです。

皆さまも自分だけのカラーペン、つないで作ってみませんか。
( ̄▽ ̄)T