通常、カッターで紙を切るとき、台紙を敷かなければ台に傷をつけてしまいます。今日は紙一枚だけ切れる「セラミックカッター」を紹介します。

メーカーは京セラ。
京セラって、文房具も販売しているんですね。

真っ白なボディの先には、1mmに満たないほど小さなセラミックの刃がついています。 刃がセラミックだと、サビずに切れ味が長持ちします。

外見はペンそのものなので、ペンと同じように持って使います。

ペン型なのでペンケースにも収まりがいいですね。
キャップ式なので、他のペンやペンケースを傷つけることがありません。

さっそく、切り抜きにチャレンジしてみます。

コピー用紙だと。。。
二枚目も切れてしまいます。
一枚だけ切るには、練習あるのみ。
もともと新聞や雑誌のスクラップとしての利用を想定しているようですが、一枚切りにはコツが必要です。

厚手の紙だと、きちんと一枚だけ切れるようです。

あ!
ひらめいた。

シール用紙で試してみます。
プリンタで印刷して。。。

縁をなぞるようにカッターを当てます。

お!
できた。

自作のシールを量産して、仲間に配りましょう。

一枚切りが得意なペン型カッター、皆さまも一本いかがですか?

( ̄▽ ̄)T