明けましておめでとうございます。
本年も「業務の効率化」をテーマに、お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

では、早速!
私は、筆記具の類は、デスク周りにペンスタンドを設置して、そこに収納・保管しています。ところが、このところ、中に入れるペンの数が増えてきたせいか、欲しい1本を取り出すのに結構時間がかかるようになってきました。

必要なモノがすぐ取り出せないと言うのは、効率的ではありませんね。

私が何かとよく使うのは、シャープペンと赤・黒のボールペンが一体となったペン1本で、このペンだけでも迷わずサッと取り出せるようにしたいと思い、解決策を講じることに……。

結果、候補に挙がったのが、コレ!

マグネットバー<Uタイプ>(ライオン事務器)

このマグネットバーは、オフィスで書類などを掲示する際に使うアイテムで、「くぼみ」のあるU字型をしています。

このくぼみにペンを置いておくとメモのタイミングを逃さずに済むということで、このあたりが今回の私の課題に通じる部分でもあったりします。

サイズ的には、160ミリ、220ミリ、310ミリの3サイズあるため、置いておきたい筆記具の長さに合わせて、デスク周りに取り付けて使えば、この課題も難なく解決できそうです。

オフィスでの設置場所としては、デスクに付いている引き出しの前面などに取り付けるのは、いかがでしょうか?


幅広の浅い引き出しの前面に取り付けてみました

ペンが太くてくぼみに入り切らず、引き出しの開閉時の落下が懸念されるようでしたら、引き出しの内部に取り付けて、1本だけココに待機させておくのも一案です。

よく使うペンを1本だけ独立させて定位置を決めることによって、今後は、たくさんあるペンの中から使うたびに逐一探さなくて済みそうです。

以上、デスク周りのちょっとしたアイデアですが、皆さんの業務の効率化の一助となれば幸いです。

デスクの材質や形状などによって、マグネットバーの取り付けができない場合もあります。