ペンケースを「どうしよう。。」と迷っていた私。
知り合いに東大阪市にあるファニーズさんから
発売されているペンケースを見せていただき、
本腰を入れて検討することに!

当初は、1種類のペンケースの
「色・柄・サイズ」で選ぶつもりだったのですが、
新製品が続々と出ているということで、
私は、同社の以下の3つのペンケースから
My ペンケースを選ぶことにしました。


向かって左から順に
レソルテペンケース(シリーズ第4弾) 2017年3月発売
ボックストレイペンケース 2017年5月新発売
スライドペンケース〔レギュラー〕(同4弾)2017年6月発売

それぞれタイプが違うので、
コレは、選び甲斐がありそうです!

では、左端のレソルテペンケースから見ていきましょう。

何の変哲もない、スタンダードな
ペンケースに見えるかもしれませんが、
実は、レソルテには「底板」が入っているので、安定感抜群!
しっかり自立することができるのです!

さらに、

こんなに大きくパカッと開けることができます。
これは、両サイドに内蔵されたバネによるものだそうです。
ちなみに、レソルテとは、スペイン語でバネを意味します。

これだけ口が広ければ、たくさんペンを入れても、
お目当てのアイテムを探すのも、取り出すのもラクになりますね!

この他にデニムとスター柄があります。
ポーチやコインパースなどのバッグ小物も揃っています。
実用新案取得済
 
 
お次は、ボックストレイペンケースです。
コチラは、名前の通り、トレイになるペンケースですが、
その前に!

私は、商品を見るときは、その商品だけでなく、
パッケージにも注視するのですが、
このペンケースのパッケージが
私にはツボだったので、こちらも合わせてご紹介します。

ご覧のように売り場で吊るせるようになっているのですが、

商品の特長を生かして、このような構造になっているのです。

私は、こうした部分につくり手のセンスを感じるので、
コレは、本体のペンケースにも大いに期待できそうです!

では、その本体のご紹介を!


カチッとしたフォルムがスタイリッシュ!

ペンケースのフタを開けると、、、ペントレイに早変わり!
こちらも、レソルテ同様、開口部が大きいので
必要なアイテムがすぐ見つかり、取り出せます。
ペントレイとしても使えるので、机の上の散らかり防止にも◎。
外出前後の準備・片付けもラクになりますね!


中に入っている硬い芯が大切なペン類をしっかりガード!


キッチリした四角であるのと、その深さにより、
  100 フラワーズブロックもスッポリ入ります。


机上でペントレイとして使うときは、
   強力なマグネットを利用してフタを折り、
   省スペース化することもできます。

黒、茶、桃、カーキ、ネイビー、ベージュの全6色
 
 
最後は、スライドペンケースです。
コチラは、本体をスライドさせて、
ペンケースからペンスタンドにすることができます。

サイズはレギュラーとビッグの2種
ビッグサイズ(シリーズ第2弾)は、今年6月に
   レギュラーサイズ(同4弾)と同時発売されました
柄は全サイズ合計で40種超
実用新案取得済

また、このスライドペンケースは、その形状を活かして、
眼鏡ケース、化粧ポーチ、アイコスポーチなどにしたり、
ビデオカメラ、ハンディタオル、ピクニック用の
カトラリーなどを入れて使ったりすることもできます。
 
 
さて、3種類のペンケースを順に見てきましたが、
いかがでしょうか?
それぞれ、色、柄・デザイン、サイズ展開などが豊富なので、
気になる方は、サイトやカタログをご覧になってください。

 

【 オマケ 】
画像を撮影する日に私が履いていた部屋着の柄が
スライドペンケースのソレと非常に親和性が高く……。
そういえば、子供の頃は、サッカー生地でこんな感じの
チェックの夏服をよく着ていたかも。。
ノスタルジーを感じます。


この親和性の高さに思わず1枚! (笑)