2015年6月の連載コラムの開始から
早2年余経ちました。

本当に早いものだと思いつつ、
私はこの2年で、他人さまが使っているペンが
気になって仕方ないという性分に……(笑)。

先日行われた打ち合せでも、
↓ こんな風にペンケースを目の前に置かれたりすると、
も~う、気になって、気になって……(笑)。

そういえば、ご本人からは、以前お会いした際に
ゼブラさんのサラサクリップが
お気に入りである旨を伺った記憶があるのですが、
もしかして、、、コレ、全部そうなんでしょうか!?

好奇心を丸出しにして、遠慮なく近寄ってみると……。


ズラリと並んだサラサクリップ!

下の6本は、全て、紛れもなくサラサクリップ!
しかも、その上にある、

黄緑色の蛍光ペン  ジャストフィット
黒いペン  紙用マッキー極細

……と、どれもこれもゼブラさんの商品ではないですか!
この方は、同社の社員さんではありません。

前回のコラムでは、青のサラサクリップを
常時3~5本位持ち歩いている方がいらっしゃいましたが、
ソレだけ自分と相性の良いペンやメーカーさんと
出会えたというのは、幸せですね!

ちなみに、なぜこんなにたくさんの色違いの
サラサクリップを持っているかと云うと、
黒1色での筆記より、色んな色を使うことで
楽しい気分になれるからだそうです。

あと、上の画像に手帳が写っていますが、
マンスリーのページの記載事項が
カテゴリーごとにキレイに色分けされています。
これなら、同じ案件やカテゴリーの状況が一目瞭然で
使い勝手が良さそうですね。見た目にも◎。

この後も私たちのペン談義は続くのですが、
お話を伺って、「なるほど!」と思ったのは、
消せるゲルボールペンが人気を博している中、
敢えてそれを保持せずに、
消えないボールペンを使うのは、

一発勝負

という気持ちになるから、ということ。

普段の私は、一発勝負というような
緊張を強いられることが極めて少ないのですが、
自らこうした緩急をつけて、
自分に活を入れるのも大いにアリですね!