今日は、前回に引き続き、ライオン事務器・広報担当の
箱崎恵さんにペンケースをご持参いただいて、お話を伺います。

▲ライオン事務器
 商品本部・企画戦略部
 広報担当:箱崎恵さん

 

では、箱崎さんのペンケースの中身をご覧ください。

fc4b43c9af6b96331bb9792e9fc4218d-768x576

以下は、前回いただいた、各アイテムへの一言コメントを基に、
「深堀り」していこうと思います。
前回のコラム
と合わせてお読みいただけると幸いです。

実は、このラインナップを拝見する限り、
①、②、④と⑤に関しては、ペンケースの中で
場所を取るだけでなく、機能的にも重複しそうなので、
外出時の携帯品を極力減らしたい私としては、
4本携帯されるヒミツをぜひ伺いたいと思っておりました。
けれども、前回いただいたコメントで既に腑に落ちております!

「お客さまのために1本忍ばせておく」という「心遣い」、
私も大切にしたいと思います。

それにしても、好みや使い勝手に合わせて、クリップや芯径、
インク色などを交換するというのは、本当に興味深いですね。
何に書くかによって芯径の 0.38mm と 0.5mm との差は大きいですし、
インクをブラウン、ブルーブラック、紫などに替えるのも大賛成!

そして、今回、特に目を惹いたのが下の2本。
クリップ部分のラインストーンがとてもキレイです。

▲箱崎さんは、ピンクより淡いミントグリーンやブルーなどの色のほうがお好きだそうで、
 私は、マニキュアとペンのこの色合わせにカンゲキ!

伺ってみると、コレは、社内に同じペンを持っている人が多いため、
間違えないように、自分のペンであるという「印」として
付けていらっしゃるのだそうです。
どちらもシールを1枚貼るだけで簡単にできるということなので、
私もやってみようかな?

箱崎さんのペンには、手を加えたものが多いですが、
逆に何も手を加えないペンがあったり、
学生時代から愛用しているアイテムのシリーズを
今も引き続き使っていたりなど、並々ならぬこだわりを感じます。

私は、蛍光ペンのピンク色が⑦プロパスウィンドウ クイックドライで、
黄色が⑧フリクションライトであることに何か意味があるのかと思い、
この2色の蛍光ペンの使い方について伺ってみました。

箱崎さんは、蛍光ペンの色の重要度を

(高)           (低)
ピンク 
→ or  → 黄色 と決めているそうで、
これを前提として、

ピンク
自分の中で一番重要な部分へのマーキングに使うので、
基本的に修正することはなく、消えないタイプを使用。

黄色
重要度が低いことから「とりあえず」使うことも多いので、
消えるタイプを使用。あとは、黄色はある程度長めの文の
マーキングにも使うのですが、そういうときに限って
曲がったりするので(笑)、修正にも便利です。

とのことでした。
コレは、お仕事をされているうちに
徐々に培われたモノだと思いますが、
本当に並々ならぬこだわりを感じます。

そして、⑨のカセットペンシルに関しては、
廃番になった商品を箱崎さんも含めて、
多くの社員の方がずっと使い続けているというお話には、
何だか「うるっ」としてしまいそうでした。

ペン以外の⑩~⑮は、全てライオン事務器さんの商品です。
同社の製品は、事務の合理化と能率向上がその根底にあるので、
例え見た目が可愛くても、それだけで終わらず、
実際使うシーンで重宝するのが特長の1つであるように思います。
⑩のギンガムチェック定規は、まさにその良い例です。

gingham

箱崎さんが「話のネタに持ち歩いています」という、
ジェリービーンズマグネットと⑬マカロンデザインクリップは、
同社の人気のスイーツモチーフ文具シリーズのアイテムです。

毎年大阪で開かれる「文紙MESSE」では、

▲2014年:マカロンデザインクリップ
▲2015年:アイスクリップケース
▲2016年:ジェリービーンズマグネット

……と、このシリーズが3年連続のご受賞という素晴らしさ!
話のネタにするのにピッタリですね!

ふせん<リペタ>貼ってはがせる紙付インデックスは、
・厚手で折れにくい丈夫なフィルムがベース インデックス部分は紙製です
・貼ってはがせる
・水性ペンや鉛筆でもキレイに書ける
・便利なポップアップ式
……と、こちらも非常に実用的で重宝します。

▲クリアホルダーのインデックスにも◎。
 ※黄色には水性ペン、ピンクにはシャープペンで記入
 ※クリアホルダーは、2枚をピッタリ重ね合わせています

⑭バインダークリップNo.104<粒>は、世界最小サイズ
ということで、ご覧のとおり、本当に小さくて可愛いです。
20枚までしっかり留められ、私のお気に入りアイテムでもあります。
ライオン事務器調べ

▲実物をお見せしたい「小ささ」です

最後は、⑮プラスチック字消No.10。
ペンケースにはなくてはならないアイテムの1つです。
消字能力の高さとクラシカルなデザインは◎。
私も愛用しています。

IB_S_BASIC_COPYRIGHT =

以上、ライオン事務器・広報担当の
箱崎さんのペンケースの中身でした。
箱崎さん、ありがとうございました!!