私が仕事をする上でなくてはならないペン。
第11弾は、「マルチリスイレーサー」です。

column_160316-1_img

……とは書いたものの、マルチリスイレーサーは、
名前通りのイレーサー。
そう、ペンではなく、立派な消しゴムです。

しかし、この容姿は、鉛筆そのもの!
……というワケで、多少ムリがあるかもしれませんが、
私にとっては、なくてはならないアイテムということもあり、
今回は、特別に「ペン」として扱うことにします。

さて、このマルチリスイレーサーは、実は、
「スーパー消しゴム」との異名を持つほどのスグレモノ!

その理由は、軽くこするだけで用紙を傷めずに
ボールペンでの筆記や印刷物、コピーなどの修正が
キレイにできるからです。

……となると、ココで「砂消しゴム」を思い出された方も
少なくないのではないでしょうか。

マルチリスイレーサーは、「鉛筆型の砂消しゴム」と
思っていただくと、良いかもしれません。
但し、使い心地は、一般的な砂消しゴムより
ずっとマイルドです。

column_160316-2_img column_160316-5_img column_160316-4_img column_160316-3_img
鉛筆のような形状をしているので、
消したい部分のみをピンポイントで消せるため、
細かい修正にも適しています。

先端の白い部分が減ってきたら、
鉛筆と同じように、鉛筆削りやカッターなどで
先端を削って使用します。

column_160316-6_img column_160316-8_img column_160316-7_img

個人的には、コピーをとった後に気付いた
ほんの些細な間違いをコピーを取り直さずに
修正できるというのが、何ともありがたいです。

こういった形でコピーを減らすことができるなら、
CO2削減対策にも貢献している優秀な消しゴム
と言っても過言ではないでしょう。

さらに、この1本で、インクジェット、レザー、
カラーコピー、デジタルプリント、オフセット印刷などの
様々な印刷物の修正まで可能となれば、
手放せなくなっても当然!

ちなみに、このマルチリスイレーサーの
生産国である、米国のビジネスマンの間では、
「胸に1本マルチリス」というのが
お約束ごとのようになっているそうです。

column_160316-9_img

ペン立て、あるいはペンケースに1本、 いかがでしょうか?