私が仕事をする上でなくてはならないペン。
ボールペンの次は「シャープペン」です。

前回も書きましたが、「普段使い」というのは、
毎日の手書き作業で使うということで、
私の場合は、何らかの下書きや
電話伝言メモなどへの記入用となります。

会社勤めをしていた頃、職場の備品の中から選んだ、
お気に入りの1本は、画像のいちばん上にある、
「スーパーグリップノック」(パイロット)でした。

こうやって改めてボールペン(下の2点)と
一緒に並べてみると、シャープペン選びにも、
自分の好みがしっかり反映されているのがわかります。

上:「スーパーグリップノック」0.5mm(パイロット) 中:「サラサクリップ 0.5 ジェルボールペン」(ゼブラ) 下:「ベリー楽ノック(ノック式)」0.7mm 油性(三菱鉛筆)
上:「スーパーグリップノック」0.5mm(パイロット)
中:「サラサクリップ 0.5 ジェルボールペン」(ゼブラ)
下:「ベリー楽ノック(ノック式)」0.7mm 油性(三菱鉛筆)

但し、近年は、下の3点も愛用品に加わりました。

column_160215-2_img
上:「鉛筆シャープ」ワインレッド・0.9mm(コクヨS&T)
中:「鉛筆シャープ」黒・1.3mm(コクヨS&T)
下:「デルガード」(ゼブラ)

「鉛筆シャープ」は、
ともに鉛筆のような書き心地が特長で、
メモや下書き、アイデアなどを
書き出したりするのにピッタリです。
もちろん、芯を削る必要はなし!

いちばん下の「デルガード」は、芯の太さが 0.5mm。
シャープペンとしては、スタンダードなサイズです。

このペンは、「デルガード」という名前通り、
金属部分が自動に出て芯をガードするため、
芯が折れにくい構造になっています。

column_160215-3_img

また、内部に芯を誘導する部品が取り付けてあるので、
芯が短くなっても芯詰まりが起きません。

実は、デルガードは、従来のシャープペンの最大の欠点を
見事克服した、画期的な1本なのです!

ちなみに、私は、このペンには、黒ではなく、
カラー芯を入れて使っています。
デルガードは、カラー芯の脆さも
しっかりガードできるようです。

column_160215-4_img

なお、カラー芯は、消しゴムで消えるタイプを
使うのが私のお薦め!

column_160215-5_img

ライタープロフィール