明けましておめでとうございます。
今年も本コラムにておつきあいのほど、
何卒よろしくお願い申し上げます。

そろそろ松の内を過ぎる頃とはなりますが、
当コラムとしては、今年初めのおめでたい回ですので、
今日は、ちょっと改まって参りたいと思います。

私にとって、この条件を満たすペンといえば、
契約書に署名をする際に使う万年筆が
まさにソレに当たります。

column_160107-1_img

特に、通常3ヶ月ほどかかる単行本の原稿を書き上げ、
間もなく出版されるというときに版元と交わす契約書では、
その「おめでたさ」と「改め具合」が MAX レベルに達します。

column_160107-2_img

私は文章を書くのは好きですが、好きであっても、
1冊の本を書くのは、容易なことではありません。
時に「本を書くのは、絶対これで最後にしよう!」などと
思いながら書くこともあるのです。(笑)

3ヶ月間、このように思ったりしながら、
やっと書き上げた原稿を版元に提出した後、
編集さんと校正作業のやり取りが何度か行われます。

このときは、編集さんとお互いの「個体差」により
様々なバトルが繰り広げられることも……。(笑)

そして、書籍のタイトルやカバー、発行部数、
売価などが次々に決まって、
ようやく契約書を手にすることができるのです。

この時点で、最初に出版依頼をいただいてから
かなりの時間が経っているので、
個人的に感慨深いものがあるのですが、
それより、途中ギブアップすることなく、
無事1冊の本を世に送り出せることが素直に嬉しい。

そして、契約書を一覧し、恍惚とした達成感に浸りながら、
住所と名前を大切な万年筆で記入するのです。

乱暴な話、住所と名前を書くだけなら、
粗品でもらったボールペンでも一向に構わないのです。
でも、敢えてこの万年筆を使いたいという気持ちは、
説明しなくても皆さんにはわかっていただけるように思います。

執筆という長丁場で発生する私の様々な思いを、
その一身に集めて受け止めるだけの技量や品格が
この万年筆には備わっていると思うのです。

column_160107-3_img