年末も押し迫ってきたところで、
皆さま、来年の手帳のご準備はお済みでしょうか?
コレがないと、羅針盤なき船のようになってしまう方も多いのでは?
……というワケで、仕事をする上でなくてはならないペンの
第5弾は、手帳用のペンです。

まず、手帳に関してですが、私、正直なところ、
そんなにこだわりはありませんでした。
むしろ、勤務先で支給されるので十分満足していたくらい!
一緒に使うペンも然りです……。

けれども、この数年、雑誌などで取材をお受けするうちに
そうはいかなくなってきた、といいますか、
違いがわかると、やはり、興味が湧いてくるのですね。
ペンも手帳も何でも良いというワケにはいかなくなる……。

column_151215-1_img
▼『成果が10倍上がる! 手帳の極意』(学研プラス) の取材時に撮っていただいた画像です。

で、手帳はさておき、手帳用のペンはどういうのを選ぶべきか?
コレは、書きやすさや使い勝手の良さを求めて、
ペン先や軸の太さ、重量感、インクの色、
油性・水性などの別、手帳に使われている紙との相性などを
1つひとつチェックしていくことでしょう。
もちろん、ペンそのものの色やデザインも重視したいです。

私は、後で見たときにわかりやすいように、
内容によってインクの色を変えて書くのが希望です。
従って、1本に何色も備えた「多色ペン」が欠かせません。
昨年は、HIGHTIDE さんのピンクの手帳に合わせて
ピンクの「STYLE FIT」(三菱鉛筆)が大活躍!

column_151215-2_img column_151215-3_img

今年は、黒の手帳に合わせて、
黒の「SARASA multi 0.4」(ゼブラ)を携帯し、

column_151215-4_img column_151215-5_img
プライベートの記載専用として、ピンクの
「SARASA CLIP 0.5」(ゼブラ)を「ペンホルダーファイル」
(HIGHTIDE)に差し込んで使い分けておりました。

≪「ペンホルダーファイル」を下敷きとして使う場合の使用例≫

column_151215-6_img column_151215-7_img
column_151215-8_img

≪「ペンホルダーファイル」を付箋やメモの収納先として使う場合の使用例≫

column_151215-9_imgcolumn_151215-10_img
手帳の場合、付いているペンホルダーのサイズが
ペンの太さと合わないと使えないので、コレは要チェック!
※ちなみに、合わない場合は、ソレを解決してくれる
便利なアイテムもあります。

毎日使う手帳とペンです。
小さなことが、ストレスではなく、楽しいことにつながるように、
自分に合ったものを選びたいものです。
本年度のコラムのアップは、これが最後となります。
連載開始から、早半年以上過ぎましたが、
お付き合いくださいました皆さま、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
では、良いお年をお迎えください。