今回は、「オフィスでのMyマストペン」として、
現在、私の手元にある黄色の蛍光ペンを
特長別に3つのカテゴリーに分けてご紹介します。

column_151015-1_img

インク

テキストサーファーゲル(ステッドラー)
固形インク。クレヨンのように滲まず、滑らかな書き味。
キャップを閉め忘れても、2~3日は乾かない。

column_151015-2_img

プレピー蛍光テープ(プラチナ万年筆)
テープなので手が汚れず、消しゴムか指でこするだけで簡単にはがせる。
5mm 幅。OHP フィルムにも◎。

column_151015-3_img

マイルドライナー(ゼブラ)
インクの色がマイルドなので、チカチカせず、目に優しい。

column_151015-4_img

キラリッチ(ゼブラ)
「キラキラ」が楽しめる銀配合のラメ入りインク。
手帳や手紙などをデコるのにピッタリ!

column_151015-5_img

ハンディラインS(ぺんてる)
「使う/収納」の切り替えが片手でできるノック式。
インクは、経済的なカートリッジタイプ。

column_151015-6_img

フリクションライト(パイロット)
摩擦熱で色が消える「蛍光フリクションインキ」を採用。

column_151015-7_img

ペン先の形状

ビートルティップ 3way marker(コクヨS&T)
筆記の際の角度で「太・細・二重」と3種類のラインが引ける。

column_151015-8_img

ジャストフィット(ゼブラ)
はけ状のペン先がしなって、厚いノートや手帳などに出来る
曲面部分にもマーキングしやすい。

column_151015-9_img

蛍コート(トンボ鉛筆)
ペン先が強化されているので、つぶれにくい。
定規を汚しにくいのもうれしい限り!

column_151015-10_img

ZIG BRUSH HILITE サッとC+(呉竹)
筆ペンタイプなので、1.0~5.0mm の幅の筆記線が自在に引ける。

column_151015-11_img

プロマークビュー(三菱鉛筆)
ペン芯に付いている透明な窓で文字を見ながら
はみ出しなしのマーキングができる。自立も可。

column_151015-12_img

多機能

ポスト・イットR ふせん付きペン ボールペン/蛍光ペン(スリーエムジャパン)
1本で蛍光ペン+ボールペン+付箋の3役。
外出時にアレコレ持ち歩かなくて済むのが◎。

column_151015-13_img

ビートルティップ dual color (コクヨS&T)
ペン先を回すだけで2色の使い分けが可。
事務作業の時短と省スペース化にも一役。

column_151015-14_img

いかがでしょうか?
蛍光ペン1本選ぶにも、このような選択肢があるというのは、
何とも興味深い話ではないでしょうか。

これ以外にも色んな種類がありますので、
ご自分に合うお気に入りの1本を探してみませんか?