今回取材させていただく株式会社江戸切子の店華硝さんと私の出会いは、
今を遡ること15年、雑誌の特集記事を通してのご縁でした。

ページをめくるたびに現れる色とりどりの美しい江戸切子に、
「世の中には、こんなに繊細でキレイな切子細工があるのか!」と
魂を揺すぶられるほどの感銘を受けたのを今でも覚えています。

そして、あるとき、思い切ってお店に足を運び、お店の方から
直接江戸切子について、華硝さんのこだわりについて、など
色々教えていただきながら、1つ、また1つ、と
私のコレクションが増えていったのでした。

今日は、この美しい江戸切子とそれをつくる職人さんから
「何か」を皆様にお伝えすべく、
江戸切子発祥の地・江東区亀戸にある
華硝さんを訪ねます。

▲JR亀戸駅から徒歩約12分。 華硝さんの直営店と工房がある建物です。
▲JR亀戸駅から徒歩約12分。
華硝さんの直営店と工房がある建物です。

まずは、3階にあるショールームへ……。

▲早速、玄関ホールで素敵なランプに足止めを食らいます。(笑)
▲早速、玄関ホールで素敵なランプに足止めを食らいます。(笑)
▲素敵すぎて、先に進めません。(笑)
▲素敵すぎて、先に進めません。(笑)

ようやっと着きました。(ホッ)

column_150701-7_img

では、早速、今回お話を伺う「素敵な人」
江戸切子の店華硝三代目の江戸切子職人・熊倉隆行氏をご紹介します。

column_150701-8_img

実は、このサイトを運営している山越さんのご紹介をさせて頂くのに、
同社の「レッドカードブロック」と「イエローカードブロック」を
お持ちしたところ、ご本人も含めてスタッフに
サッカーファンがすごく多いということで、大ウケ!!
ご覧の通りの満面の笑顔です。

ちなみに、このカードは、相手に注意したいことなどを
イエローカードに書いて、2回渡してもダメなら、
レッドカードに切り替えて渡すという、
サッカーファン垂涎の遊び心溢れるアイテムとなっております。

レッドカードブロック
レッドカードブロック
イエローカードブロック
イエローカードブロック


華硝さんでは、ショールームと工房が離れているので、
私は相互の連絡にお薦めしたのですが、
どうやらこの若き三代目は、早速何か
面白いヒミツの使い方を思いついたようです。(笑)

この後、皆さまには華硝さんの素敵な江戸切子をご堪能頂き、
隆行氏には次回も引き続きご登場願って、
工房にて制作工程やその際使う道具なども含め、
華硝さんの江戸切子についてお伺いする予定です。
では、2週間後に!

▲入れた「モノ」が美味しくなりそう!
▲入れた「モノ」が美味しくなりそう!
▲ため息が出そうな美しさ
▲ため息が出そうな美しさ

 

▲近くでご覧になっていただきたい超大作
▲近くでご覧になっていただきたい超大作
▲こちらは「オダギリコレクション」
▲こちらは「オダギリコレクション」


もっとご覧になりたい方は、コチラからどうぞ!
http://www.edokiriko.co.jp/