初めまして、オダギリ展子です。
これから月2回でコラムを担当させていただくことになりました。
よろしくお願いいたします。

まずはともあれ、自己紹介から……。
私は、このサイトを運営している山越さんの本社がある石川県金沢市の出身で、
現在、ビジネス書の執筆および講演活動を中心に行っています。
文具の企画・開発に携わることもあります。

肩書として「事務効率化コンサルタント」を名乗り、ミスを未然に防ぎ、
フォローのためのムダな時間を発生させないことで業務を効率化させ、
皆さまに公私ともに充実した良い人生を送っていただけるようにするのが私の使命と考えています。

かといって、堅苦しいことをするわけではなく、
市販の文具に独自のアイデアを加えて使い勝手をさらに良くしたり、
本来の用途とは違う使い道を考えたりするのが好きで、生き甲斐のようにしています。

「本来の用途とは違う使い道」というのは、最初ですので、わかりやすいように、
山越さんの大人気ブランド・ぺパラブルの「フルーツ/ベジタブル・ブロック」で、
1つ例を挙げてみましょう。

column_150601-1_img

このメモは、記入後、2つに折ってくし型の立体にして、本物のように見せて使うことができます。

column_150601-2_imgcolumn_150601-3_img

メモがこのような形状で机の上に置いてあれば非常に目立つので、
メモに気付かず行き違いになる、などということが防げます。
コレは、ミス防止の観点からしても、◎なアイデアですネ!

私も個人的にすごく気に入っていて、気付いたときには、10種類全部持っていたのですが(笑)、
独自のアイデアとして、この大きさ、形、カラフルさを活かして「コースター」にするというのは、
いかがでしょう?

column_150601-4_imgcolumn_150601-5_img

オフィスのデスクで使えば、その時々の季節や気分で選べる楽しさがあり、
複数の人が集まる打合せやパーティーでは、同じグラスを使っても
自分のグラスを見分けることができます。
1つひとつのアイデアは、大したことはないかもしれませんが、
日常の色んなことに対してこのような考え方をすることが私には楽しいようです。

次回以降は、「ペンと紙、書く」をベースに、「一筆館」らしく上質な文具を通しての
オフィスおよびライフスタイルのご提案やどなたかにご登場いただいて、
お話を伺ったりしていきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。