原稿用紙って、なんとなく懐かしく、私にとっては少し背筋を伸ばして文章を書いてみたくなるものです。
最近では、おしゃれなデザインのものも増えてきて、こちらのコラムでもいくつか過去にご紹介いたしました。(文豪も愛用「満寿屋の原稿用紙」レトロでおしゃれな飾り原稿用紙

今回また素敵な原稿用紙を見つけました。なんとグラシン紙に印刷されているんです。(吉田印刷所

ツルツルできれいに向こうが透けています。下にある方眼用紙のグラシンは、おまけでつけてくださったものです。

 

書くだけじゃなくて、ラッピングにしても、中身がうっすら透けて素敵ですね。

グラシンなので、鉛筆や油性ボールペンはあまり向かないようですが、万年筆や油性ペン、かすれたりしますが水性ペンも書くことができるようです。

画像元:吉田印刷所

実際に万年筆で書いてみると、すっとペン先が滑って気持ちよく書けます。インクも思ったよりもきれいにのりますね!

グラシンは手触りも心地よく、筆運びもなめらかなので、触れていると癒されます。ひっかからずスムーズに書けるので、書くことがとても楽しい紙です。

 

その他のグラシン商品

グラシン原稿用紙のほかにも、このネコ足柄のグラシン帯紙というものも限定生産されているのですが、これが反則的なかわいさなのです。

画像元:吉田印刷所

ラッピングのポイントにしてもかわいいですね♪

画像元:吉田印刷所

サイズは50×340㎜で、50束入りと100束入りがあります。

画像元:吉田印刷所

こんな風にラッピングしてみました。
猫好きにはたまりません。

グラシンは向こうが透けるのでラッピングや、小物を包んだりしてもこんなにおしゃれです。
グラシンはマスキングテープとの相性もいいそうですよ。

画像元:吉田印刷所

 

さて今回、数枚のグラシン方眼用紙だけではなく、こちらのプチ便箋もおまけで同梱されていました。なんて嬉しいおまけなんでしょう。

上品な透け感です。グラシンって、文具としてもとてもおしゃれです。

早速、万年筆でお友達にプチレターを書いてみました。
ネコ足柄もかわいい…。

グラシンと万年筆、とても相性がいいんですね!色々な紙がありますが、一気にグラシンのファンになりました。

すらすらと気持ちよく書けるグラシンの原稿用紙で、「書くことを楽しむ時間」をこれからも時々作りたいです。
好きな小説を写したり、心に残る名言を書き留めたり…メモを取ったりしても、手触りがいい紙を使うと、気分も上がりますね♪