仕事でもプライベートでも、メールやSNSを使えばこと足りることが多い時代です。
それでも「書く」ということがなくなることはありません。デジタルの時代だからこそ、手書きの温かみはいいものですよね。

ところで筆記具の中でも別格なのが万年筆です。
敷居が高いと思われがちですが、千円ほどで買える万年筆もあるんですよ。


【パイロット】カクノ ソフトピンク

カートリッジインクをカチッと本体にはめるだけ。簡単に万年筆を楽しむことができます。
持ち歩いてどんどん使っています。

インク充填方式の種類

万年筆のインク充填方式は3通り。

○使い捨てのカートリッジ式
○インクボトルからインクを吸い上げる吸入式
○着脱可能なコンバーターに吸い上げるコンバーター式

最近では、カートリッジとコンバーターどちらも可能な両用式タイプが多くなっています。
さきほどのカクノも、別売りのコンバーターがあり、両用式としても使えます。

万年筆のボトルインクはとてもバリエーションが豊富で、インクにはまる人も多いのだとか。
季節、気分、紙にあわせてインクの色を選んだり、発色や書き心地の違いを楽しんだり。
メーカーによっては、インクの色をブレンドできたり、店頭でインクの調合をしてくれたりするところもあるんですよ。

(ブランドによっては、純正インク以外を使用して不具合が起きた場合には、保証されないこともあるので注意してくださいね)

衝動買いしたインク

私は文具屋さんと本屋さんに行くと、あれこれ買ってしまうのであまり近寄らないようにしています(笑)
ところが先日、素敵なコーナーがあり思わず立ち止まってしまいました。

エルバンの万年筆コーナーに、素敵な色のインクボトルがあったんです。

Rouge Caroubier イナゴマメレッド。

種類が豊富で、どれもすごく素敵な色です。

しかも一緒に販売されていたエルバンの万年筆、両用式で千円台でした♪


【エルバン】コンバーター付き万年筆 スケルトン

本体の中にカートリッジがあります。右下がコンバーターです。

早速コンバーターをセットして、Rouge Caroubierのインクを入れてみました。
ペン先をインクボトルに入れて、くるくると上の部分をまわすとインクが上がってきます。

線の強弱や、色の濃淡がなんとも言えません。

ところで私はよく、お財布を忘れたり、持っていても中身が入ってなかったりすることがあります…。
先日も友人とフレンチを食べに行って、財布に千円しか入っていなかったので、ちょっとお金を借りるはめに。

まだ返せていないのですが、この袋に入れて常に持ち歩いています。
早速一言、エルバンの万年筆で書いてみました。

同じお店で、同じ友人に、以前も同じような状況でお金を借りたことがあります…反省。

気になるインクボトル

個人的に、香りつきのエルバンミニインクセットがとても気になります。

【エルバン/J-HERBIN】ミニインク 5本セット(香りつきインク)

このインクのために、エルバンのプチプラ万年筆を5本買ってしまいそうです。

エルバン香りつきインクセットはこの5種類

セーラーの顔料インク「STORIA」は、耐水性・耐光性にすぐれ、にじみにくく裏抜けしにくいのが特徴です。
20mlの8色のセットで、手軽に色を楽しめます。

【セーラー】消耗品 顔料ボトルインク STORiA(ストーリア) 20ml [8個セット]

パイロットの色彩雫(いろしづく)は、どのインクもとても色鮮やかなシリーズです。

【パイロット】消耗品 ボトルインク 色彩雫(iroshizuku)

全24色、「山葡萄」「孔雀」「秋桜」など名前が和風で素敵なんです。
ボトルは日本パッケージデザイン大賞で金賞に選ばれた美しい瓶なので、コレクションして飾っておくだけでも満足してしまいそう。

この数年でインクの種類も色もバリエーションがとても増えてきています。自分の好みのインクを探すのも楽しそうですね。
プチプラ万年筆やつけペン、ガラスペンで、気軽にインクで自分らしさを表現してみませんか?