絵の才能がある人っていいですよね。
旅行先でさらっと風景を描いたり、キャンバスを持って公園に出かけたり、毎日がちょっと豊かになりそう。

これまでに何度か個展を開いている画家の友人と、先日ランチする機会がありました。
油絵から、パステルのかわいい絵まで素敵な絵を描く方です。

私も家に彼女の絵を飾らせてもらっています。
下書きの線は何か聞いてみたところ「鉛筆とか水性ペンとか」とのこと!色は水彩絵の具だそうです。

実際の絵の一部ですが、左は水性ペン、右は鉛筆です。

水性ペンはこちら。(実はこれ、某テーマパークのおみやげだとか。書きやすくて、中身の替えインクも探し出して交換したくらい、気に入っているとのこと。)

普通のボールペンでさらさらっと下書きをして、色をつけることもあるそうです。

ランチの後、彼女のアトリエにおじゃまして、画材を見せてもらいました。

見ているだけでアーティスト気分になります♪
まずは木箱に入ったパステル96色入り。

ヌーベルカレーパステル/木箱セット

 

 

こちらも木箱に入ったパステル150色入り。

日本で唯一のソフトパステル専門メーカーゴンドラパステル

だいぶ使い込まれていますね。

150色入り。

カラフルな表を見ているだけでワクワクしますが、初心者は20~30色くらいから始めるのがいいそうです。


水彩絵の具もいろいろと見せてもらいました。こちらはパレットと一体型になっているもの。


そして油絵に使う油も、いろんな種類があるんですね。

見ていると、私もほしくなってしまいます。全く絵心はないのですけれど…。

そして「こんなのにサラっと描くのもいいよ」と、小さめのスケッチブックをいくつか見せてもらいました。

旅好きな人なので、毎年海外も含めてあちこち旅行されるのですが、いつもたくさんの写真と、現地で描いてきた絵を見せていただいています。

時々、絵の仲間とお泊りで国内旅行もされています。

絵を描いては、おいしいものを食べて飲んで、また描いてという旅らしいです。なんだかうらやましいですね。

 

すっかり感化されて、かなり久しぶりに私も絵を描いてみました!
水彩絵の具ではなく、水でぬらすと絵の具のようになる水彩色鉛筆を使ったので、とても気軽に描くことができました。

自分の感覚でペンを走らせる時間はとても楽しく、絵の出来栄えはともかくいい気分転換になります。
何よりとても楽しい♪

去年の春先に行った、梅まつりの写真を見ながら。所要時間は2~30分ほど。

子どもの頃よりも今の方が、なんだかずっとリラックスして楽しんで描けますね。

鉛筆や水性ペンでさっと線を描いて、軽く色をつけるだけ。
(お見せできる絵があまりなくて…ヘタでも、もう少しうまくなりたいという楽しみがあります)

自分で描いてみると、さらっと描いているようでもやっぱりプロはすごい!と実感します

現地で描くのがやはりいいみたいですが、後から写真を見て描くこともあるとのこと。
いい題材があったら写真に収めておいて、後から時々描いてみようかなと思います。

これからたくさんのお花が咲くいい季節になります。
カメラやスケッチブックを持って出かけてみませんか?