いくつあってもうれしいのがメモ帳です。
携帯のメモ機能なども使いますが、小さなメモ帳はさっと書けて、破って目につくところに貼ったり、持ち歩いたりできて使いやすいのです。

デジタルも便利ですが、やはり「紙に書く」となぜか落ち着きます♪

私が気に入っているメモを、いくつかご紹介いたします。

短時間のやることリストに

先日見つけたメモはこちら。

memo8
ウォーター、ラヴェンダー、ルッコラ、レモン、キャロットとカラフルなメモ
神戸派計画のTODOリスト
神戸派計画のTODOリスト
memo6
やり終えた項目は、左の山を折っていくのです

やることを効率よくこなすため、パソコンに貼って作業したりします。
嫌でも常に目に入ります…。

memo

メモに書いたら、持ち歩く

いつでも見られるように、なくしてしまわないように、メモに書いたら破ってファイルに入れるのもおススメです。
カバンに入れても薄いのでかさばりません。

A5サイズのクリアファイル
持ち歩いているA5サイズのクリアファイル。メモのほか、仕事の覚書なども入っています。

私は英会話講師もしていましたが、単語を覚えるのは皆さん苦手です。
私自身もフランス語を勉強中で、覚えることがたくさん!

メモに単語や文法を書いて、持ち歩きながら見て覚えています。

こちらの365notebookはさわり心地のいい紙で、なんだかやる気がでますよ♪

365notebook
365notebook
memo9
方眼と罫線の下敷きつきで、無地のメモですがきれいに書けます。

覚えるには、「書く」ことと「何度も見る」ことが大切ですね。

memo3
下の文字が透けています

365は裏表で紙の質感が違います。
さらさらした方は鉛筆やペンで書きやすく、ざらっとした方は万年筆に適しています。

 

ロディアのメモ帳も、破りながらどんどん使っています。

rhodia2
ブロックロディア

オレンジも素敵ですが黒もなんだかおしゃれ。
フランスの雰囲気を感じます。

カバーつきのロディアもあります
画像元:クオバディス

ロディアは万年筆やボールペンでの書き心地もよく、鉛筆もスムーズに書けます。ミシン目があり、きれいに破れます。

 

私は神社仏閣が大好きなので、全国各地の神社をピックアップ。
京都も年に一度は行きますが、メモを見ながらホテルを決めることもあります。

行ってみたいイベントやお祭り、国内外のレストランなどもメモ♪
フランス語の勉強も、いつかフランスで食べ歩きをするため!

メモを見るたび、残りの人生でいくつ行けるだろうと、ワクワクします!

 

読みたい本も、新聞の書評欄やネットなどから、忘れないようにメモします。
読んだら斜線で消し、日付も一緒に書いておけば、最近読んだ本も把握できますよ。

 

心に残る言葉を見つけると、何度も読み返したいものです。
「人は亡くなる瞬間に子供の顔を思い出すんだ」というフレーズはある映画からメモ。
子供がいる人はもちろんですが、大切な人、大好きなもの、生きている今こそ大事にすべきなんでしょうね!

 

時々見直しては、書き直したり、書き足したり。
優先度の高いもの、アップデートされたものを破って持ち歩くので、ファイルをのぞけば一目瞭然です♪

お気に入りのメモとペンで、自分だけの世界を作ってみませんか?