大人になると、鉛筆を持つ機会は少なくなります。

今だからこそ、少しこだわりのある鉛筆に惹かれます。

ふと見かけたこちらの鉛筆。発売日を確認して、買おうと決めていました!

sakura1

さくらさくえんぴつ。名前もなんだかワクワクしますね。

2種類のさくら

161111-1
画像元:サンスター文具株式会社

淡いPP(ペールピンク)と、ピンク(P)の2種類あり、どちらもさくらさくよの394円(税抜)です。(きっとさくら咲くよ…と書いてます♪)

sakura2

きちんとパッケージに入っているので、そのままプレゼントしてもよさそう。のしの部分にメッセージを書くこともできます。

ナイフで丁寧に削ると、削りかすも桜の花びらのよう…なのだそうです。

sakura3

形もかわいいのです。筆箱に入れておくと、まさにお花が咲いているようですね。

sakura6

ふんわりと、さくらが咲いたような、さくらさくえんぴつ。名前も形もアイディアも、とても素敵です。

sakura4

がんばるあの人に、サクラ咲く。
筆箱の中からいつも応援したいから。
さくらさくえんぴつが
あなたの想いを届けます。
(サンスター文具株式会社HPより)

 

軽い力できれいに書けます。とても書き心地がよくすっかり気に入っています。

受験を控えた学生さんにはもちろん、これから何かにチャレンジする大人にもプレゼントとして喜ばれそうですね。

大人の鉛筆

久しぶりにお気に入りの鉛筆を購入したところで、ふと思い出したのは、なんだかおしゃれな鉛筆を使っていた上司のこと。

消しゴムがついているタイプの鉛筆なのですが、とても特徴的な形をしているのです。

palomino

これです!
平べったい消しゴムは、取り外しもできます。

1_650001000004
【パロミノ】ブラック ウィング 602

BLACKWINGというアメリカの鉛筆です。
書き心地に徹底的にこだわった伝説の鉛筆は、一時その歴史に幕を閉じましたが、2011年に復刻されました。

その昔は著名なアーティストたちも使っていたというこの鉛筆、消しゴムの形がとてもユニークなので、使っていると目を引きますよ。
消しゴムが上にくるようにディスプレイすれば、おしゃれなオブジェのようです。

1_000000004147
【パロミノ】ブラックウィングパール

硬度はB~4B程度まで。
大人になったからこそ、こんな鉛筆を使うと、ぐっとセンスが上がる気がします。

鉛筆のよさを再認識

鉛筆は、なんと言っても、間違えたり気に入らなかったりした時に、さっと消すことができる優しさがいいのです。

何度も書き直しができる、そして柔らかな筆感、子供時代から慣れ親しんだ安心感。

アイディアを出しては、ちょっと消したり。お気に入りの大人の鉛筆があれば、忙しい日常にも彩りが出るのではないでしょうか。