まつばやしけいこ

私の場合、プライベートの手紙を書くときは、旅先のホテルや郵便局、カフェで書くこともありますが、基本的には落ち着いて書ける自宅のリビングで書いています。

外出先でサッと書く手紙は、旅先、あるいはふらっと立ち寄ったお店で素敵な便箋やハガキを見つけたとき、可愛い切手を目にした時が多いです。

秋の手紙アイテム。季節が感じられるものを。

また、手紙を書きたくなる時というのは、感謝の気持ちや、お礼を伝えたい時はもちろんのことですが、身近な人に何か嬉しいことやハッピーな気持ちを伝えたい時のたわいのないものも多いです。これらは本当に気心が知れた相手へおくる気軽に書ける手紙。

今ではSNSで思いを言葉と画像で瞬時に発信できるようになり、便利になりました。
かつて連絡を取り合う道具だった手書きの手紙は、今や、気持ちを伝えるツールとしてその役割を変えました。気持ちを送るためのツールなので、長々と書き連ねる必要はないのです。短くてもいいので相手のことを思いながら気持ちをこめてつづりましょう。

このシールはひと言メッセージとして代用できるので重宝しています。お菓子に貼ったりして使います。

手紙を書く時間帯は、なるべく明るい時間がよいと言われているのには理由があります。夜に書くとどうしても気持ちが入りすぎてしまって、重い内容になりがちだからです。
しかし日中忙しい私たちは、どうしても夜に書くことの方が多くなりますね。その時はなるべく重い文章にならないようスッキリした気持ちで書くように心がけて。封はせずに翌朝もう一度書いた手紙を読み直してみるといいですね。

プラチナ万年筆 #3776センチュリー セルロイド ミッドナイトオーシャン
おすすめしている青のインクとお気に入りのインクでの書き比べです。プライベートの手紙は、インクの色も自由に楽しめるのが醍醐味です。

秋は芸術の秋ともいいますから、この機会にぜひ、お気に入りの便箋と万年筆を用意して、令和の秋の夜長に書く手紙時間を楽しんでください。

ポイントはあなたのお気に入りの便箋とインクを用意すること。あなたのお気に入りを揃えることで、きっと誰かに手紙を書きたくなるはずです。一度試してくださいね。

これまでのコラムで使用したインクの色です。単語カードに書いて、色見本帳を作っても面白いですね。

皆さん、これからも手紙を書く時間をどうぞ楽しんでくださいね。
いつもお読みくださりありがとうございました。


一般社団法人手紙文化振興協会

ライタープロフィール

  • まつばやしけいこ
  • まつばやしけいこ (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方コンサルタント

    手紙美人にあこがれて手紙の書き方コンサルタントになりました。 手紙には、紙を選ぶ、筆記具を選ぶ、文章を考える、文字を書く、切手を貼るなどの5つの構成要素があります。これらを知ることでさらに楽しみ方が広がります。思わず手紙が書きたくなるようなヒントもお伝えできればと思います。言葉と感性を磨ける奥深い手紙文化をもっと身近に感じてもらえたら嬉しいです。

お手紙コラム過去の記事