まつばやしけいこ

気持ちが伝わる手紙の書き方やポイントなどお伝えしていますが、相変わらず「文字を書くのが苦手」、「自分の書く文字が好きではない」など、書くことに苦手意識のある人は大勢います。
とはいえ、文字は「美しく」書く必要はありません。
でも「丁寧に書いてくださいね」とお伝えしています。
丁寧に書くということは、相手のことを思い、心をこめて書くということにつながるからです。ですから、自信をもって手書きの手紙を書いてみてください。

一番大事なのは、メッセージ全体が「読みやすい」こと。多少、文字がぎこちなくても、パッと見た感じが目に優しければちゃんと気持ちの伝わる1枚になります。

今回は、一筆箋を使って、読みやすく見せるレイアウトのコツ。そして書く楽しみと送る楽しみを、ご紹介したいと思います。
季節の変わり目を感じられる今こそ、手紙を書いてみませんか。

こまめに改行する

相手にとって読みやすく、自分にとっては書きやすくなります。

余白はたっぷりとる

余白は多めの方が読みやすくなります。

絵柄の上に文字が重ならないように気を付ける

相手にとっては読みにくくなり、少し雑な印象も与えかねません。

文字は大きくのびのびと書く

一筆箋は、「パッと見た目が」大きくものをいうコミュニケーションツールです。

漢字をひらがなにする

漢字よりひらがなを多めに書くと、全体にやわらかい感じになります。
※漢字とひらがなの割合は、「ひらがな7:漢字3」くらいを目安に。

改めて → あらためて → ころ
有難う → ありがとう 折角 → せっかく
致します → いたします 是非 → ぜひ
頂きます → いただきます 沢山 → たくさん
一層 → いっそう → ため
色々 → いろいろ 益々 → ますます
お陰様で → おかげさまで この度は → このたびは
嬉しい → うれしい 沢山 → たくさん

一筆箋は簡単で便利なコミュニケーションツールです。
たとえば同じ「ありがとう」でも、小さく弱々しい「ありがとう」より、大きく元気な「ありがとう」のほうが、相手からも「本当に喜んでもらえたんだな」とうれしく感じてもらえるはずです。

 

堅苦しい形式を気にする必要もありませんし、使い道も使い方も自由。
日常のよくあるちょっとした場面で、ほんの2行、3行、書き添える。
そんな習慣をつけてあなたもワンランク上のコミュニケーション上手になりましょう。


一般社団法人手紙文化振興協会

ライタープロフィール

  • まつばやしけいこ
  • まつばやしけいこ (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方コンサルタント

    手紙美人にあこがれて手紙の書き方コンサルタントになりました。 手紙には、紙を選ぶ、筆記具を選ぶ、文章を考える、文字を書く、切手を貼るなどの5つの構成要素があります。これらを知ることでさらに楽しみ方が広がります。思わず手紙が書きたくなるようなヒントもお伝えできればと思います。言葉と感性を磨ける奥深い手紙文化をもっと身近に感じてもらえたら嬉しいです。

お手紙コラム過去の記事