まつばやしけいこ

日ごとに暖かさを感じられるようになりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、ちょっとお聞きします。
最近、手紙をもらいましたか?
それは誰から届いた、どんな手紙でしたか?
封筒、切手を見て、あるいは封を開けるとき、どんな気持ちでしたか?
便箋は?筆記具やペンの色は?など、その時のわくわくした感動を思い出してみてください。

きちんとした手紙を書かなければいけないと思うとどうしても億劫になりますが、形式にこだわることよりも大事なのは、自分の言葉で素直に伝えること
手書きの手紙をもらうことが少なくなった今だからこそ、ほんの2,3行の手書きでも相手に喜んでもらえます。
そして何かと忙しい今の時代、相手にプレッシャーをかけず、返事も期待しない手紙が好まれます。

また、相手の気持ちに寄り添う手紙を書こうと思ったらスピード感も大事です。
なるべくサッと書いて投函できるよう日頃から心がけたいものです。
便箋・レターセットにこだわり、お気に入りの筆記具を使い、文字はさわやかで清々しいブルーのインクでしたためて(手紙美人になるために-6 参照)。
こうして相手の顔を思い浮かべて書きつづられた手紙は、あなたらしさが伝わり、喜ばれる手紙に仕上がることまちがいなしです。

季節を感じられる手紙を選んで
ペリカン 万年筆 スーベレーン M400 ホワイトトータス

もらって喜ばれるフレーズとは?

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変えて

手紙を書く上で気をつけたいのは、文章を書くと、意識していなくても意外とネガティブな表現が多くあらわれたりします。このネガティブ言葉をポジティブ言葉に変えるだけで、手紙の印象はグッと明るく、よくなります。

ネガティブ表現→ ポジティブ表現
~しないほうがいいと思います ~するといいと思います
緊張しないでがんばってください いつも通り、のびのび力を発揮できますように
なんだかついていません 今回はいい勉強になりました。これからきっとうまくまわりはじめますね
充実しているけれど、忙しい 忙しいけど、充実しています
失敗しないよう応援しています うまくいくよう応援しています
いつも大変そうですね いつもエネルギーがあふれていて、すごいですね
××が分かりにくいようです 私は△△のほうが分かりやすいと感じるのですが○◯◯さんはどう思いますか
できないと思います やってみます
疲れました よくがんばりました
すみません ありがとう
あとひとつしかありません まだあとひとつあります
もっとがんばらないといけません さらに力を発揮してください
(コーヒーと紅茶のどちらがいい?)
紅茶でいい
紅茶がいいです
明日で結構です 明日お願いします
時間が足りないと思います なんとか方法を考えてみます

相手の体調や仕事の様子を気遣い、認め、褒める

相手のことを思い浮かべて書くと、自然と言葉がスムーズに出てきます。

・その後、体調はいかがですか
・先日はずっと笑顔で対応していただきありがとうございました
・○○さんの笑顔はまわりの人を明るくしますね
・先日はお電話にて、ありがとうございました。
○○さんの元気なお声を耳にして、わたしも元気になりました。
とてもうれしかったです。
・先日の△△は初めての体験でした。さすが、よくご存じですね。
とても楽しかったです。また今度ぜひ教えてください。

読み手を幸せな気持ちにさせる“魔法の言葉”を添える

せっかく書くのですから、相手に喜んでもらいたいですね。
幸せな気持ちが伝わるよう、魔法の言葉を添えて。

・たくさんの幸せが舞い込みますように
・今日も明日も、たくさんいいことがありますように
・実り多き一年になりますように
・気持ち良い朝を迎えられますように
・リフレッシュして、新たな人生の第一歩を踏み出せますように
・チャンスにたくさん恵まれますように
・心豊かな時間になりますように

さあ、これであなたも今日から手紙美人の仲間入り。
ご無沙汰しているあの方へ、春風とともに季節の便りを届けてみませんか。

 

← お祝いの手紙|手紙美人になるために-11


一般社団法人手紙文化振興協会

ライタープロフィール

  • まつばやしけいこ
  • まつばやしけいこ (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方コンサルタント

    手紙美人にあこがれて手紙の書き方コンサルタントになりました。 手紙には、紙を選ぶ、筆記具を選ぶ、文章を考える、文字を書く、切手を貼るなどの5つの構成要素があります。これらを知ることでさらに楽しみ方が広がります。思わず手紙が書きたくなるようなヒントもお伝えできればと思います。言葉と感性を磨ける奥深い手紙文化をもっと身近に感じてもらえたら嬉しいです。

お手紙コラム過去の記事