まつばやしけいこ

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、お詫びの手紙を書くのは気が重く、ペンがすすまないものですが、お詫びは、未来につながる前向きな行為です。早く対応すれば、自分も相手も嫌な感情を引きずらずにすみます。きちんとお詫びができるようになると、人付き合いの苦手意識や怖さが払しょくされます。

いざという時のためにも、ポイントやフレーズを覚えておくといいいですね。また、重大なミスをしてしまったときは、直接出向いたり、電話した後に手書きの手紙を送ったり、いくつかの方法を組み合わせて誠実にお詫びしましょう。

シーン別のお詫びの手紙例

遅刻した時

電車の遅延のため、到着が遅くなりました。
ご迷惑をおかけしてしまい、
すみませんでした。

気持ちが伝わる気配りポイント
✖すいません
○すみません
「済まない」が語源のため正しくはすみませんです。
お詫びのときほど相手の怒りを買わないよう注意したいものですね。

懇親会を欠席するとき

来週の懇親会ですが、急用ができたため、欠席させてください。
楽しみにしていたのに、私も残念です。
お忙しい中、幹事をありがとうございます。

書類に誤りがあったとき

実は、先日お送りした書類に誤りがありました。
お手をわずらわせてしまい大変恐縮ですが、
添付のように修正してくださいますようお願いいたします。

サービスの不備のクレームがあったとき

このたびは行き届かない点があり、申し訳ありませんでした。
スタッフ一同、いただいたお叱りを肝に銘じてまいります。
貴重なご意見をありがとうございました。

気持ちが伝わる気配りポイント
✖失礼しました
◯申し訳ありませんでした
「失礼しました」は、相手によっては軽くあしらわれたように感じる場合もあります。

 

その他の気持ちが伝わる気配りポイント
✖お詫びしたいと思います
○お詫びいたします
「~したいと思います」という曖昧な表現でなく「~します」と言い切ることで誠意を伝えましょう。

すぐに使える!お詫びのフレーズ

・申し訳ございません
・申し訳ないことをしました
・ご迷惑をおかけしました
・お詫び申し上げます
・重ねてお詫び申し上げます
・まずは書面にて
・至らぬ点があり
・不快な思いをさせてしまい
・心苦しい限りです
・お恥ずかしい限りです
・同じ間違いをしないよう
・変わらぬお付き合いのほど
・変わらぬご愛顧を

お詫びの手紙では、冒頭に「季節の挨拶」を入れる必要はなく、とにかくお詫びの気持ちをつづります。
嫌な感情を引きずらず、上手に人づきあいをするためにも、誠意が伝わる書き方を覚えてより良い関係を築きましょう。

 

 

お願いの手紙とお断りの手紙|手紙美人になるために-9


一般社団法人手紙文化振興協会

ライタープロフィール

  • まつばやしけいこ
  • まつばやしけいこ (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方コンサルタント

    手紙美人にあこがれて手紙の書き方コンサルタントになりました。 手紙には、紙を選ぶ、筆記具を選ぶ、文章を考える、文字を書く、切手を貼るなどの5つの構成要素があります。これらを知ることでさらに楽しみ方が広がります。思わず手紙が書きたくなるようなヒントもお伝えできればと思います。言葉と感性を磨ける奥深い手紙文化をもっと身近に感じてもらえたら嬉しいです。

お手紙コラム過去の記事