まつばやしけいこ

梅雨が明けると、暑い夏の到来です。
遠くに暮らすあの人や、しばらく顔を合わせていないあの人に宛てて、夏のごあいさつ状を送りましょう。
日ごろお世話になっている親戚や友人、習い事の先生や仲間、仕事関係の人などへ感謝の気持ちを伝えるよい機会です。普段メールやSNSしか使っていない人も、ぜひこの機会に書いてみませんか。

お中元で思い出すのは、初めて贈ったお中元のこと。それに添える手紙を、万年筆で書くのがうれしくて一生懸命書いたときのことです。
送る相手はお料理教室の先生です。インクが滲んで何度も書き直して肩が凝ったけれど、先生からお礼のハガキが届いたときは、苦労して書いた甲斐があったものだとよろこびました。そのハガキは、後にお礼を書くときのお手本として型を覚えられるようにと、先生が書いてくださったことがわかり、それからずっとお手本にしていました。お陰で結婚してからも、お礼の手紙を書くことは困らずにすみました。

お中元に添える手紙はお中元の品物が届く前日くらいを目安に、暑中見舞いを兼ねて送っても良いでしょう。
お中元は本来感謝の気持ちを届けるためのもの。お礼を述べるのも忘れずに。この時、一番伝えたいのは感謝の気持ちなので、最初に述べるようにしましょう。

感謝の気持ちは最初に述べましょう

暑中お見舞いは必ずしも「暑中お見舞い申し上げます」ではじめなければならないというものではありません。その時期に、相手を励ます便りを出せばそれはすべて暑中見舞いです。

暑さを吹き飛ばすような涼しげな文面を心がけ、暑さを強調するようなフレーズは避けてさわやかさを感じさせる工夫をしましょう。

ハガキにも夏らしさを感じさせるようなデザインのものを使うと、より爽やかな印象を与えます

 

目次|夏のごあいさつ状の書き方
1 送るタイミング
2 文の基本構成
2-1 ① 書き出しのフレーズ
2-2 ① 書き出し文に添える健康を気づかうひとこと
2-3 ② 本文(伝えたいこと・自分の近況報告など)
2-4 ③ 結び
2-5 キーワード

 

夏のごあいさつ状の書き方

送るタイミング

●暑中見舞い:梅雨明け~立秋(今年は8月7日)の前日まで
●残暑見舞い:立秋(今年は8月7日)~8月いっぱいをめどに

文の基本構成

① 書き出しのフレーズ + 健康を気づかうひとこと
② 本文
③ 結び

①書き出しのフレーズ


【暑中お見舞い】
・梅雨が明け、本格的な夏がやってまいりました
・蝉しぐれの聞こえる頃となりました。
・ビールがおいしい季節になりました。
・太陽がまぶしい季節になりました。
・連日熱帯夜が続いています。
・打ち水があっという間に乾いてしまう暑さです。


【残暑お見舞い】
・暑さもようやく峠を越したようです。
・朝夕が涼しくなってまいりました。
・朝夕の風が秋の気配を感じさせる頃となりました。

ポイントとして、「暑中お見舞い申し上げます」「残暑お見舞い申し上げます」は、他の文字よりやや大きめに書きます。

①書き出し文に添える健康を気づかうひとこと

・お元気ですか。
・いかがお過ごしですか
・お変わりありませんか
・ご無沙汰しております。
・夏バテしていませんか。
・体調はもう大丈夫ですか。

※NG例(暑さをネガティブに捉えた表現)
・うだるような蒸し暑さにグッタリな毎日、お元気ですか。
・毎日耐え難いほどの暑さが続いています。

② 本文(伝えたいこと・自分の近況報告など)

・いつもお世話になりありがとうございます。
・こちらは皆元気にしています。先日は家族でディズニーランドへ行ってきました。
・草花の生命力にパワーをもらいながら、ガーデニングを楽しんでいます。

③ 結び

・くれぐれもご自愛ください
・暑さはもうしばらく続きそうです。熱中症にはお気をつけください。
・夏のお疲れがでませんように。
・秋の到来を待ちつつ、まずは残暑のお伺いまで。

キーワード

・入道雲・夏休み・夏祭り・太陽・蝉・ひまわり・海・金魚・風鈴・浮き輪・かき氷など

 

透明軸の万年筆で気分も爽やかに

暑い夏こそ、さわやかな涼しさをお便りで届けましょう。
すっきりとした文面はスマートな手紙美人を印象付けます。

 

プロが教える宛名を書くときのポイント|手紙美人になるために-2

 


一般社団法人手紙文化振興協会

ライタープロフィール

  • まつばやしけいこ
  • まつばやしけいこ (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方コンサルタント

    手紙美人にあこがれて手紙の書き方コンサルタントになりました。 手紙には、紙を選ぶ、筆記具を選ぶ、文章を考える、文字を書く、切手を貼るなどの5つの構成要素があります。これらを知ることでさらに楽しみ方が広がります。思わず手紙が書きたくなるようなヒントもお伝えできればと思います。言葉と感性を磨ける奥深い手紙文化をもっと身近に感じてもらえたら嬉しいです。

お手紙コラム過去の記事