まつばやしけいこ

はじめての万年筆を選ぶときには少々戸惑うこともあるかもしれませんが、最近では大人の女性も十分に楽しめる、品質の良い1,000円から購入できる低価格のものからあります。

その中から私は普段用にパイロットのカクノ(1,000円税別)を使っています。カートリッジインクもカラフルなものが揃っているので、本体の色とカラーインクの色を揃えてカラーペンとして使っています。

パイロット 万年筆 カクノ

知人からM(中字)サイズのネーム入りをもらったのをきっかけに、スマイルの絵が可愛く、プチプライスなのに書きやすいのが気に入って愛用するようになりました。何と言ってもカートリッジインクの色が豊富でペンケースに入れて気軽に持ち歩けること、F(細字)・E(極細)サイズで細かい字も潰れず書けるので重宝しています。

価格に対する価値観は人それぞれですので、高ければよいということではありませんが、最初にある程度、品質のよいものを手に入れると、愛着やモノを大事にしようという気持ちが生まれ、長く愛用できる1本になることでしょう。初めての万年筆で迷ったら売り場の人に相談してみましょう。

万年筆の歴史の中で、保険外交員だったLE・ウォーターマンが、客と契約書を交わしてサインを求めようとしたときにインクのボタ落ちにより契約書が汚れ、契約が破棄になり、この苦い経験から万年筆の開発に取り組んだというエピソードは有名です。
私の場合は、このブランドストーリーに魅かれて購入したくなったのです。

最初に購入したウォーターマン社の1本は、まず予算の目安を話しておいてから、店員さんに「この予算で黒いデザインのものを見せてください」とお願いし、4~5本出してもらった中から一番自分にしっくりとなじむものを選びました。
それがエキスパートエッセンシャルブラックGT。オーソドックスなボディがお気に入りの1本です。

ウォーターマン 万年筆 エキスパート エッセンシャル ブラックGT

店内の椅子に座って試し書きをさせてもらい、滑らかな書き味を確認したので納得して購入することができました。いつもの姿勢と角度で書くと購入時の失敗がないそうです。

【イッピ/ippi】プチレター

お気に入りの万年筆を手に入れたら、普段から万年筆に親しむ機会を増やしていきたいものです。お世話になっている人や、大切な人に手紙を書いてみるのもいいでしょう。

手紙を書きなれていない人は一筆箋から始めてみてもいいでしょう。ひと言、ふた言でも万年筆で書く習慣をつけるうちに、より一層、万年筆が身近なものとなっていきます。

さっそく、万年筆で何か書いてみませんか。

 

 


一般社団法人手紙文化振興協会

この記事に関する関連商品・関連ページ

ライタープロフィール

  • まつばやしけいこ
  • まつばやしけいこ (社)手紙文化振興協会認定 手紙の書き方コンサルタント

    手紙美人にあこがれて手紙の書き方コンサルタントになりました。 手紙には、紙を選ぶ、筆記具を選ぶ、文章を考える、文字を書く、切手を貼るなどの5つの構成要素があります。これらを知ることでさらに楽しみ方が広がります。思わず手紙が書きたくなるようなヒントもお伝えできればと思います。言葉と感性を磨ける奥深い手紙文化をもっと身近に感じてもらえたら嬉しいです。

お手紙コラム過去の記事