突然ですが、私が愛用しているコースターとグラスを紹介します。

文具コラムに堂々のキッチン雑貨登場

こぼれた水に見えるコースターと、握りつぶされたプラカップの形をしたグラス。両方とも7、8年前に購入した海外のデザイナーズ雑貨です。

このようなシャレの効いたものが昔から大好きで、だまし絵デザインのアイテムや子ども服など、たくさん持っています(うわークニムラのこの趣味って昔からなんだって思ったであろうシミズの顔が浮かびます)。

そしてこのサイト「一筆館」を運営する山越が展開する、紙製品「ペパラブル」シリーズから6月20日に発売された「こぼれメモ」。金沢工業大学との産学連携プロジェクトから誕生したアイテムで、売上の一部が金沢市の森林保全活動に寄付されます。

開封前

どストライクです。当然手に入れますよね。ペパラブルのアイテムは、この他にもリアルなデザインのものが多く、このコラムのお話をいただく前からとても好きでたくさん持っています。

倒れたパックから牛乳が思いっきり出てきてしまったパッケージデザインです。実際にこんなことが起こったらとても嫌ですが(特に牛乳は……)、この絶対イヤなことが起こってしまっているデザインが、逆にとてもかわいいです。

上手く写りませんでしたが、水紋がリアル!

先ほどのコースターのようにコップの下に敷いてみました。水紋まで印刷されていて、想像以上にリアルです。

最近はマイカップやマイマグを会社に持ち込んでいる方が多いので、業務連絡やメッセージを書いたこのメモをそっとカップやマグの下に置いておけば、必ず気がついてもらえるうえに、ちょっとした驚きとユーモアを提供することができて、エアコンの風で飛んでいってしまうこともない。一石三鳥です。

また、「思い・愛がこぼれだす」、「言葉があふれ出す」というような意味付けもできますね。こちらは、メモを見て想像してくれる人もいれば、しない人もいるであろう、ふわっとささやかな遊び心です。

ミルクデザインの他には、「コーヒー」と「ウォーター」があります。状況に合わせて、リアルに見えそうなものをチョイスするとおもしろいですね…というとコーヒーが多そうですね。コーヒー色のメモも、黒い字はしっかり読めますのでご安心。

梅雨で最高にジメジメしている時や、夏の猛暑日、大きな仕事の締め切り前、小さな仕事を溜めてしまった時……って、これらの文字を打っているだけですでに気が滅入りましたが、個人的に6〜9月がとても苦手です。「こぼれメモ」のような、ちょっとした遊び心とともに、日々の生活を乗り切りたいなと思っています。

こぼれメモ」、皆さんも使ってみてはいかがですか?

ライタープロフィール

  • クニムラエリコ
  • クニムラエリコ 編集者・ライター・デザイナー

    文具業界誌の出版社勤務を経て、現在は広報支援&編集プロダクション事務所「ミニプレス」で編集、企画、ライティング、デザインなどを行う。文具では、実用性や機能性に関する取材・執筆が得意。趣味は家族と行く電車旅行、学生時代から約15年間食べ歩きまくっているタイ料理・インド料理など。ドラムを叩いたりお花を生けたりもします。