定番中の定番、“丸シール”

学校で、会社で、使ったことのない人はいないのではないでしょうか。
コクヨからは「タックタイトル」という丸型シールが既に発売されていますが、今回は強粘着タイプの「カラーラベル」が発売されました。私が買うのは主に子どもの図工用(白い丸型シールの中にペンで黒丸を書いて、『目』にすることが多いです)なので、表面がツルツルした箱(主にお菓子の)やビニール素材などにもしっかり貼れる強粘着タイプの発売はとても嬉しいです!

また、「はくり紙から1枚ずつはがすのが面倒くさい」「使い終わったシートをパッケージに戻すときにシールがはがれてしまう」などの声を受けて、これまでの丸型シールのイメージとは違う、新しいパッケージで発売されています。

なんかカワイイ

丸シールをデザインしたパッケージは、ドット柄のようです。というか、ドット柄です。店頭の什器で全色そろうと、なんだかポップでカワイイ。地味な事務用品のイメージが、パッケージのデザインひとつでここまで逆方向に振り切れるとは驚きます。

テープを引くとラベルが出てくる!

このように、はくり紙からめくれた状態で1枚ずつパッケージから出てくるので、爪を使ってはがす必要もなく、袋に戻した時にはがれてしまった時の、あのストレスもありません。息子がシートごと学校に持っていった結果、地味に深刻だったこすれてはがれたシールがランドセルの中や教科書など色々なところにくっついてしまう問題も解消です。

また、強粘着なので、仕分け業務などでダンボールやビニールパッケージに貼る時にも、はがれにくく便利です。

この記事のために作ったのに、上の子の欄にはさっさと違うシールが…

子どもの習慣表や、トイレトレーニングにも。家にひとつあると便利な製品です。

折れにくい鉛筆と欠けにくい消しゴム

買っても買ってもすぐになくなる、息子の鉛筆と消しゴム。消しゴムなんて、買った翌週にはもうボロっと角が欠けていたりします。本当です。1ヶ月で崩壊の日を迎えることもあります。「バルス」とか言って笑っている息子を尻目に、今日も消しゴムと鉛筆のダース買いに精を出す、全国の同志の方へ、素敵な消しゴムを紹介します!

たまに、リクエストにお応えして練り消しや香りつきを買うこともあります。そこはバランスで

2014年に発売されたサクラクレパスの「アーチ」という消しゴムが、SNSで「欠けない!」「長持ちする」と、趣味でイラストを書く方や、小学生の子を持つ保護者の間で人気です。私もTwitterでこの情報を見かけてすぐ買いに行きました。

ケース前部がアーチ形状になっているので消しゴムが欠けにくく、滑りにくいグリップもついています。さっそく息子の筆箱に入れてみたところ、途中でボロボロに崩れることなく終わりまで使うことができました!たぶん初めてです。ちなみに、娘の消しゴムは1年にひとつくらいしか買う機会がありません。

じわじわくるネーミング

そして、昨年クツワから発売された「超」折れにくいえんぴつ「オレンピツ」。キャップも「超」かたいプラスチック素材です。キャップも割れないなんて!わかってる!店で見かけた瞬間に光の速さで買い物カゴに放り込みました。いまのところ、キャップも鉛筆も無事です。

この2つのアイテムに感謝が止まらないです。息子の小学校生活4年目にして、我が家の学童文具事情に革命が起こっています。筆圧や握力の強い方や、鉛筆をボキボキ折って消しゴムをボロボロ欠けさせているお子さまのいる方などは、ぜひ使ってみてくださいね。


学童文具もゆっくりと進化しています。ぜひたまに新製品などチェックしてみてくださいね!