「アラビックヤマト」で有名なヤマトから1月に発売された「テープノフセン」を知っていますか?

同社のロングセラー製品「メモックロールテープ」を元に、コンパクトで持ち運びがしやすいよう、ケースを新たに開発した製品です。中身がなくなったら、「メモックロールテープ」の詰め替え用テープ(15mm幅)を入れて使うことができます。

レモン(黃)とローズ(ピンク)。この他にライム(黄緑)とオレンジがあります

これが、かっこよくてたまらないんです。2月に「ホビーショー」という見本市に出展していたヤマトさんのブースで見かけて一目惚れして、その帰りに文具店に駆け込んで買いました。

パステルカラーの勢いに押されつつあった蛍光色の付箋が、機能美を感じるミニマムなデザインのケースに入れると、あら不思議!このデザインだとパステルより蛍光色のほうが素敵に見えます(個人の感想です)。デザインの力とは本当に素晴らしいです。

でも、それだけじゃないんですよ。

この“全面のりタイプ”の付箋、使いどころがピンとこないという方もいるのではないでしょうか。

今まで取材したユーザの中で、全面のりタイプ付箋を愛用していたのは、飲食店勤務の方でした。タッパーに食材や料理などを入れて保管する際に、付箋にその名前を書いて貼っておくのだそうです。タッパーを冷蔵庫の中で移動させることがあるため、全面のりタイプでないと剥がれてしまうことがあるそうで、「普通の付箋より剥がれにくく、マスキングテープより剥がしやすい“全面のりタイプ”がちょうど良い!」と語っていました。都内に展開している全ての店舗で使っているそうです。

愛用している野田琺瑯とFidoのジャーに貼ってみました

プラスチックなどのツルツルしたもの、よく場所を動かすもの、よくフタをあけるもの、などに便利に使えそうですね。

また、「テープノフセン」「メモックロールテープ」はテープ型なので、インデックスシール、マスキングテープ、ふせんなどを使っていたところは、これ一つでほとんどカバーすることができます。カバンにひとつ入れておけばとても便利ですよ。

私の持ち物たちと見ための相性が良すぎると思う

「テープノフセン」、もうあれもこれも良くて、とても満足しています。ぜひ売れに売れて、「メモックロールテープ」と同じようにロングセラーになって販売され続けてほしいと思っています。

ライタープロフィール

  • クニムラエリコ
  • クニムラエリコ 編集者・ライター・デザイナー

    文具業界誌の出版社勤務を経て、現在は広報支援&編集プロダクション事務所「ミニプレス」で編集、企画、ライティング、デザインなどを行う。文具では、実用性や機能性に関する取材・執筆が得意。趣味は家族と行く電車旅行、学生時代から約15年間食べ歩きまくっているタイ料理・インド料理など。ドラムを叩いたりお花を生けたりもします。