SNSの“文具クラスタ”(文具好きのアカウント)に大人気のこのペンケース。

ドーン

つくしペンケース」という名前です。製造・販売をしているのは東京都国分寺市にある“つくし文具店”という小さな文具店です。

ナチュラルな雰囲気のリネン100%の生地は、使い込むうちに手になじんでいきます。薄いベージュ色なので汚れることもありますが、とても丈夫なので、中性洗剤でガシガシと手洗いすることができます。洗った後のちょっとしたヨレやシワで、更にいい感じに見える。また、ピンバッジなどをつけている写真をたくさん見かけます。丈夫だからこそのカスタマイズですね。リネンってスゴイ。

ファスナー部分は白、黒、青の3色。SNSに投稿された写真を見ている感じでは、白を持っている人が多いように思います。


そして、使い勝手がこれまたスゴイ。

中を開くと…

革の手帳とも相性ピッタリ!ノックスブレインのLUFTと一緒に置いてみました

この帯がとてもいい仕事をしてくれます!ペンのクリップでしっかりと挟める薄さながら、クリップのないペンはしっかりと固定してくれる硬さ。測量野帳やメモ帳などを挟んで使っている人も。下のポケット部分に入れた付箋や猫型クリップはしっかりホールドされて、こぼれ落ちません。やっぱりリネンはすごい。


次に、周りをぐるっと囲むファスナー。

360度というだけでも、ペタッと開いてスッキリ見やすく、閉じれば薄く、と素晴らしいのに、更にダブルファスナーなんです!開きやすさと自由度が更にアップしています。

macの画面に写っているのは、書いている途中のこのコラム

ダブルファスナーなら、上のほうを少しだけ開いて、縦にして使うこともできる!机の上のスペースが狭い時などに便利です。


しかし人気すぎるあまり、インターネットでの入手は困難です。

入荷情報をもとに、つくし文具店のオンラインショップや、その他の取り扱いショップにアクセスするも、販売を開始して5分と経たないうちに売り切れというパターンが多く、ネットオークションに高額で出品されていることも。

実店舗には入荷から数日〜数週間残っていることが多いそうですので、つくし文具店のwebサイトに掲載されている全国の取扱店舗をもとに、ぜひお店に出向いてみてくださいね。

ライタープロフィール

  • クニムラエリコ
  • クニムラエリコ 編集者・ライター・デザイナー

    文具業界誌の出版社勤務を経て、現在は広報支援&編集プロダクション事務所「ミニプレス」で編集、企画、ライティング、デザインなどを行う。文具では、実用性や機能性に関する取材・執筆が得意。趣味は家族と行く電車旅行、学生時代から約15年間食べ歩きまくっているタイ料理・インド料理など。ドラムを叩いたりお花を生けたりもします。