ペンはライターになる前から好きです

ヌルっとしていたり、サラッとしていたり。

油性、水性、ゲルなどのタイプに関わらず、新しく発売されるボールペンのほとんどが“なめらかさ”をアピールしている近年ですが、低摩擦の書き味なめらかなペンではどうにも字が上手く書けないような気がしている方、いませんか?

各メーカーのなめらかボールペンには、それぞれとても素晴らしい技術が使われており、日本どころか世界中のユーザーから絶賛されています。なので正直とても言いづらいですが、勇気を出して手を上げたいと思います(アンタがかーーーい!って聞こえた)。

万年筆に合う合わないがあるように、使いやすいボールペンの芯も、人によって違います。 今回は、少ないけれど必ずいる、そんな「非ヌルヌル派」のためのボールペンを紹介します!(ヌルヌル/ヌラヌラとは、文具好きがインクの出や摩擦の少なさを表現する時に使う用語です)


我が家の「SK-0.7芯」ペン。2色から4色まで持っています

私のイチオシはゼブラの油性ボールペン「クリップオン」シリーズです。正確には、その中に入っている「SK-0.7芯」です。 大学生の頃に、この芯がとてもしっくりくることに気がついて以来、実に15年以上使っています。

けして、書き心地がザラザラするとかガリガリするということはありません。インクのかすれも、ペン先の引っかかりもなく、スムーズに書くことができます。ただ、ヌルヌルとインクが流れるように出る感覚ではないということです。

あまりに相性が良く、使う時は手に吸い付いているような気さえします。これなら字が上手く書けると感じるのは気のせいではないと思います。

「ゼ」の最後のハネや、「a」と「m」が繋がるところに注目。こういう部分でインクが出すぎずとてもきれいに書けるんです

以前紹介したラミーの万年筆ももちろん使いますが、子ども達が学校からもらってくる「わら半紙」の手紙や、何かしらの申込用紙、コピー用紙など、万年筆では滲んだり引っかかったりしてしまうような紙に字を書く機会がたくさんあります。

子どもの連絡帳やテストへの毎日のサイン(名字の画数多め)、マンション住まいゆえ長い住所、年賀状に書くコメント、今から憂鬱な確定申告……この芯と出会えたおかげで、面倒な気持ちはいくらか減っています。手放せません。

人前で使いたい方のために、高級ラインもありますよ

同じメーカーであれば、違うシリーズのペンでも同じ芯が使われていることがあります。例えば、「SK-0.7芯」はクリップオンシリーズのほかに「SK-シャーボ」、「ジャストネーム」というシリーズにも使われています。各メーカーのwebサイトで調べると、とてもわかりやすいですよ。

書くことが好きではない、もしくはズバリ嫌いなアナタにも、年賀状のコメント書きが苦にならないほどの、自分の手にしっくりと馴染むボールペンがあるかもしれません。

これ!というボールペンに出会っていない方は、ぜひ「芯」から探してみてください。

 

ライタープロフィール

  • クニムラエリコ
  • クニムラエリコ 編集者・ライター・デザイナー

    文具業界誌の出版社勤務を経て、現在は広報支援&編集プロダクション事務所「ミニプレス」で編集、企画、ライティング、デザインなどを行う。文具では、実用性や機能性に関する取材・執筆が得意。趣味は家族と行く電車旅行、学生時代から約15年間食べ歩きまくっているタイ料理・インド料理など。ドラムを叩いたりお花を生けたりもします。