バレットジャーナル(Bullet Journal)を知っていますか?

手帳の選択肢が少ない海外ではとても人気の手帳術で、なんと、フォーマットの全てが手書きなんです!デジタル大好き、効率化大好き、な私に合うわけがないと思い込んでいましたが、話を聞けば聞くほど手書きならではの利点がたくさん!

本来はタスクやtodoの実行をスムーズにするための、管理手法としての手帳術ですが、色々な手帳の使い方と相性が良い「バレットジャーナル」。

私はSTALOGY 365DaysNotebookとラミーの万年筆で
私はSTALOGY 365DaysNotebookとラミーの万年筆で

私のように(走り書き殴り書きのオンパレード)自分だけの機能性抜群な手帳にしたり、
MDノートグラフィーロのようなちょっといいノートと万年筆で丁寧に作り上げたり、
フォントから罫線まで、全てが自分好みのオリジナルデザインを作り上げたり、
遊び心で、一緒に使えるはずのない(権利上)キャラクターたちがいっぱい登場する夢の手帳を作ったり。

SNSで調べると、たくさんの人がオリジナルのフォーマットを公開しています。

そして、

何か間違えて書いてしまった時や、書いたもののうまくいかないフォーマット、

そのページだけ捨てる!!!

最小限の損失でやり直せます。手書き最高。
字がうまく書けなかった時、すぐに最初のページからやり直したくなる人、
ピッタリではありませんか?


さて、今回は初の取材ネタです。
私にバレットジャーナルを伝授してくれた人であり、SNSやブログでバレットジャーナルの魅力を発信している“むやたん”さんの手帳をお借りして、フォーマットやルールを紹介します!

ウィークリー

驚きのかわいさ
驚きのかわいさ

こちらは発案者が提案する基本項目には含まれていないのですが、作っている人をたくさん見かけるホットなフォーマットです。同じページにある「GOALS」や「tasks」なども、SNSなどから得る海外の情報を参考にして作っているそうです。

キー(KEY)

これだけは覚えちゃったほうがやりやすい
これだけは覚えちゃったほうがやりやすい

このような「KEY」と呼ばれるアイコンがタスクやtodoの管理に有効です。
上手なイラストや字につい目がいってしまいますが、機能性も抜群です。
むやたんさんも、タスクや習慣などの管理がスムーズにできるようになったほか、やりたいこと、やるべきことを常に考えるようになり、思考の整理に繋がったと語っています。

トラッカー(TRACKER)

「トラッカー」と呼ばれる習慣管理表
「トラッカー」と呼ばれる習慣管理表

「トラッカー」は、日々の習慣管理のほか、ガントチャートのように進捗の確認に使っても。見た目がかわいいのも手伝って大人気のコンテンツだそうです!

その他、検索性を高めてアナログの不便さを解消する「インデックス」や、「ブックリスト」、「ブログカレンダー」など、むやたんさんが書いた魅力的なフォーマットをたくさん見せていただきました。

ザーッと駆け足での紹介になってしまいましたが、フォーマットの種類は数え切れないほどあるので、ぜひ、SNSPinterestなどで検索してみてください。
(日本語の情報はまだ少ないので、最初の検索ワードは英語の bulletjournal で!)

発案者が開設したwebサイト(英語)では、基本項目やルール、おすすめのノートなどを紹介しています。また、むやたんさんのブログでは、日本語フォーマットの数々のほか、失敗したフォーマットなども公開していて超参考になります。ぜひチェックしてみてくださいね。

好きなカタチを詰め込んで、
好きなノートで、
好きなペンで、

自分の、自分による、自分のための手帳(どこかで聞いたことある)を完成させてみませんか?