物心ついたころから何度も何度も書いている自分の名前。今でもクレジットカードで支払いをした時や手紙を書いた時など、意外とサインをする機会はたくさんあります。

だからこそ、「もっとカッコよくサインできたらいいのにな」なんて思ったことはありませんか?

実は私もずっとそう思っていました。そんなとき「一筆館」で見つけたのが、「マイサイン作成セット」です。

 自分だけのサインをプロがデザイン

マイサイン作成セット」を購入すると、まずはサインを注文するのに必要なシリアルナンバーが記載されたカードが届きます。同封されている説明にそって、インターネット、もしくは郵送やFAXで自分だけのサインをオーダーするという仕組みです。

このセットでは2つのサインが作成できるので、私は漢字のサインとアルファベットのサインを作ることに。

オーダー時には文字列(私の場合は「福島槙子」と「Makiko.F」にしました)と一緒に、名前が読みやすい「実用型」がいいのか、インパクト重視の「個性型」がいいのかといったデザインの希望を伝えます。

それをもとにサイン制作専門のデザイナーさんが世界でひとつのサインをデザインしてくれるんです。

自分だけのオリジナルサインが完成!

デザインの確認や修正のやり取りをして、出来上がったのがこちらのサインです。

漢字バージョン

最初にいただいたデザイン案ではもっと名前が読みにくい、どちらかというと個性的なデザインでしたが、もう少し漢字を認識しやすいデザインに修正希望を出し、調整していただきました。女性らしい丸みのあるデザインが気に入っています。

英字バージョン

こちらは「M」の字をアクセントにしてくださいとオーダーしました。

私は「こんなサインがいいな〜」というおおまかなイメージが決まっていたのでそれを注文時や修正時に伝えましたが、「自分ではデザインや雰囲気をぜんぜんイメージできない!」という方もいると思います。

でも大丈夫!  注文する時は「文字を認識しやすい方がいい」「素早く書けるほうがいい」などの最低限の希望を伝え、あとはデザイナーさんにおまかせでもOKなんです。

さらに、「署名ドットコム」に掲載されているサンプルの中に「こんな雰囲気にしたいな」と思うものがあれば、それをオーダーする際に伝えるとイメージが伝わりやすいですよ。

カッコいい「マイサイン」ができたら……

サインが出来上がると、筆順説明シートや練習用のシート、筆順説明とシートのPDFが入ったDVDが届きます。

そう、サインは作っただけでは意味がありません! いつでもどこでも「サラサラッ」とカッコよくサインできるようにならなければ、“マイサイン”とは言えないんです。

……というわけで、次はマイサインをしっかりと自分のモノにするためのステップへ進みましょう!

Next:  ② いろいろなペンでサインを書いてみる