アメリカに引っ越した後、日本から送ってもらった物の一つに、『テプラ』があります。

『テプラ』とは、株式会社キングジムが製造・販売するラベルプリンターで、1988年に販売開始しました。
ファイル等の整理に以前から使っていたので、やっぱり欲しいなと思い、日本語も印字できるしということで、送ってもらいました。

今回紹介するガーリーテプラは、とにかく可愛い!
一筆館でも取り扱っています。

キングジム ラベルライター テプラ PRO SR-GL2

エンボス加工された、コスメポーチのような真っ白なケースに、ふんわりした色合いのコーラルピンクの本体。

ケースのファスナーもピンクのリボンがついていて可愛いので、使うたびにテンションが上がりそうです。

カバーの内側には作成したラベルが収納できるポケットもついていて、作ったけど今使わないな~っていう場合もあったりするので、こういった細やかな配慮は嬉しいですね。

どんな機能があるの?

ラベルに印刷できるフォントは8種類。
可愛い絵文字、フレーム、記号も搭載されていて、オリジナルラベルも簡単に作成可能。
ラベルはカートリッジになっていて、4mmから18mmまで5種類の幅を選べます。

日付シールの印刷機能もあり、「月/日/曜日」と「枠(わく)」を自由に組み合わせられます。

別売りのお名前タグメーカーとスナップボタンを使えば、子どもさんの持ち物などの名前付けに便利な、「お名前タグ」を簡単に作ることもできます。

また、好きな「デザイン」と「文字」を組み合わせて、オリジナルの「イニシャルマーク」を作ることも。

びっくりしたのは「ピッとコード」ボタンというのがあり、そこを押すと、二次元コードが印刷されます。それを携帯電話の端末などの専用iOSアプリ(無料)で読み取れば、関連付けられた写真や動画、テキストなどのデータをすぐに呼び出すことができるのだそう。
例えば、お料理のレシピも携帯電話ですぐに確認できるのです。

どんな物に印刷できる?

では、ラベルは1種類しかないのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありません。

ギフトシール

ゴールドとシルバーの高級感がある色が、フォーマルな場面でも似合うかも。

りぼん

メッセージや名前を印刷できるので、これはぜひやってみたい。
もらった時、花束のリボンに自分の名前が書いてあると、特別感がありますよね。

マスキングテープ

英語ではWashi tape(和紙テープ)とも呼ばれますが、独特の透け感や風合いが楽しめます。

マットラベル

ダマスク柄や星柄など、ラベルの背景に模様が入っています。

カラーラベル

パステルカラーのラベルにグレーの文字が優しい印象。

もちろん、シンプルな定番のラベルも使えます。
上記の物は、全て専用のカートリッジとなっています。

ファイルなどの整理や名前付けだけではなく、手帳やアルバムのデコレーション、パーティーやギフトのラッピングのアクセントなど、アイデア次第で多種多様な用途にいかせる可愛いガーリーテプラ。
やっぱり、私も欲しくなってきました。

参考サイト・画像元:KING JIM公式サイト
(最終閲覧日:2018年2月17日)